Monthly Archives: October

Qt ドキュメント翻訳者募集 – Call for Babel fishes

Published Thursday October 28th, 2010 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: , , ,

[qt-dev-net] は皆さんご存じでしょうか。今まで分散していたり、Qt では持っていなかったりしたフォーラムや wiki 等をまとめて、Qt を用いた開発に関するポータルとして構築中のサイトです。 さて、このサイトに関連して、 [qt-labs-blogs] の “Call for Babel fishes” にて Qt のドキュメントの翻訳者を募集しております。[qt ‘Getting Started Programming with Qt’ l=gettingstartedqt] や [qt ‘Getting Started Programming with QML’ l=gettingstartedqml] を翻訳して、専用デザインのTシャツをゲットしませんか。 12月1日までに [qt-dev-net-wiki] にて上記の文章を翻訳したページを作成し、 “getting started” タグをつけてください Alexandra Leisse に翻訳したドキュメントの URL と住所、連絡先の電話番号をメッセージで送信してください 全ての翻訳者には Qt DevNet dinosaur t-shirt をプレゼント また、Qt DevNet のポイントを 500 ポイント進呈 さらに、 N900 が当たるチャンスも 詳しくは […]

Read More

Qt ドキュメント翻訳者募集 – Call for Babel fishes

Published Thursday October 28th, 2010 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: , , ,

[qt-dev-net] は皆さんご存じでしょうか。今まで分散していたり、Qt では持っていなかったりしたフォーラムや wiki 等をまとめて、Qt を用いた開発に関するポータルとして構築中のサイトです。 さて、このサイトに関連して、 [qt-labs-blogs] の “Call for Babel fishes” にて Qt のドキュメントの翻訳者を募集しております。[qt ‘Getting Started Programming with Qt’ l=gettingstartedqt] や [qt ‘Getting Started Programming with QML’ l=gettingstartedqml] を翻訳して、専用デザインのTシャツをゲットしませんか。 12月1日までに [qt-dev-net-wiki] にて上記の文章を翻訳したページを作成し、 “getting started” タグをつけてください Alexandra Leisse に翻訳したドキュメントの URL と住所、連絡先の電話番号をメッセージで送信してください 全ての翻訳者には Qt DevNet dinosaur t-shirt をプレゼント また、Qt DevNet のポイントを 500 ポイント進呈 さらに、 N900 が当たるチャンスも 詳しくは […]

Read More

Qt のモジュール化プロジェクト

Published Wednesday October 27th, 2010 | 1 Comment on Qt のモジュール化プロジェクト
Posted in Qt | Tags: ,

この記事は Qt Blog の “Qt is going modular” を翻訳したものです。 先日、”Qt Modularization” なるプロジェクトが始まりました。このプロジェクトは Qt を全てのレベルでモジュール化することを目的としています。ご存じのように、Qt はすでにライブラリ単位ではモジュール化されていて、各ライブラリはそれぞれ別のファイルとなっています。しかし、Qt プロジェクトそのものは単一のプロジェクトです。全てのコードは一つのリポジトリとして公開されており、あるモジュールのビルドは、それが依存するモジュールを同時にビルドすることなしには、行えません。このプロジェクトではその状況を変えようとしています。各モジュールは別のリポジトリで公開され、それぞれに別々の管理者が存在し、またモジュールごとに異なったリリーススケジュールを持ちます。 このプロジェクトは様々な要因から始まりました。一つは、あるモジュールを他のモジュールよりも頻繁にリリースしたいと考えたためです。それは QtWebKit や QtDeclarative のように開発が活発なプロジェクトにとって重要なことです。その他の理由としては、Qt の全てのコードを一つのリポジトリに納めるには Qt は技術的な観点からも管理的な観点からも大きすぎるということです。完全に分割されたモジュール化によって、チームやコントリビューションはそれぞれのモジュールで独立して働くことが出来ます。また、テスターや開発者は安定している依存モジュールを利用することによって、対象となるモジュールのみに焦点を当ててテストやビルドが出来るようになります。

Read More

Qt Quick 入門 第5回: 状態遷移

Published Wednesday October 27th, 2010 | 1 Comment on Qt Quick 入門 第5回: 状態遷移
Posted in Qt Quick 入門 | Tags:

少し前ですが、Qt Creator 2.1 のベータ版がリリースされました。これから、RC を経て正式リリースされるわけですが、Qt Quick の環境がそろうまであと少しとなりました。これが Qt Quick の正式な始まりとなるわけです。今後の発展が楽しみなところです。 さて、前回の「Qt Quick 入門: 第4回 画像やマウスを使おう」では QML の基本的な要素である [qml Image] と [qml MouseArea] を使ってみました。今回の「Qt Quick 入門」では QML で動きのある UI を作成するのに便利な状態遷移を扱います。状態遷移を使うと、状態に応じて処理を行ったり、UI の部品を変更したりすることが簡単に出来るようになります。 今回は、前回作成した qml-example をベースに進めていきます。前回は「Click」ボタンをクリックするとログを出力しましたが、今回はクリック時の動作を変更して、Qt のロゴ画像を動かしてみましょう。 Qt Creator を立ち上げたら前回作成した qml-example プロジェクトをオープンして、qml-example.qml を読み込んでください。

Read More

Qt Quick 入門 第5回: 状態遷移

Published Wednesday October 27th, 2010 | Leave a comment
Posted in Qt Quick 入門 | Tags:

少し前ですが、Qt Creator 2.1 のベータ版がリリースされました。これから、RC を経て正式リリースされるわけですが、Qt Quick の環境がそろうまであと少しとなりました。これが Qt Quick の正式な始まりとなるわけです。今後の発展が楽しみなところです。 さて、前回の「Qt Quick 入門: 第4回 画像やマウスを使おう」では QML の基本的な要素である [qml Image] と [qml MouseArea] を使ってみました。今回の「Qt Quick 入門」では QML で動きのある UI を作成するのに便利な状態遷移を扱います。状態遷移を使うと、状態に応じて処理を行ったり、UI の部品を変更したりすることが簡単に出来るようになります。 今回は、前回作成した qml-example をベースに進めていきます。前回は「Click」ボタンをクリックするとログを出力しましたが、今回はクリック時の動作を変更して、Qt のロゴ画像を動かしてみましょう。 Qt Creator を立ち上げたら前回作成した qml-example プロジェクトをオープンして、qml-example.qml を読み込んでください。

Read More

Qt Quick 入門 第5回: 状態遷移

Published Wednesday October 27th, 2010 | Leave a comment
Posted in Qt Quick 入門 | Tags:

少し前ですが、Qt Creator 2.1 のベータ版がリリースされました。これから、RC を経て正式リリースされるわけですが、Qt Quick の環境がそろうまであと少しとなりました。これが Qt Quick の正式な始まりとなるわけです。今後の発展が楽しみなところです。 さて、前回の「Qt Quick 入門: 第4回 画像やマウスを使おう」では QML の基本的な要素である [qml Image] と [qml MouseArea] を使ってみました。今回の「Qt Quick 入門」では QML で動きのある UI を作成するのに便利な状態遷移を扱います。状態遷移を使うと、状態に応じて処理を行ったり、UI の部品を変更したりすることが簡単に出来るようになります。 今回は、前回作成した qml-example をベースに進めていきます。前回は「Click」ボタンをクリックするとログを出力しましたが、今回はクリック時の動作を変更して、Qt のロゴ画像を動かしてみましょう。 Qt Creator を立ち上げたら前回作成した qml-example プロジェクトをオープンして、qml-example.qml を読み込んでください。

Read More

Qt 4.7.1 でのジェスチャーの挙動変更について

Published Tuesday October 26th, 2010 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: ,

この記事は Qt Blog の “Gestures in 4.7.1 behavior change” を翻訳したものです。 バグの修正は時に挙動の変更を伴います。ジェスチャーフレームワークは Qt でも新しいフレームワークです。その導入は Qt 4.6 からですが、Qt 4.7 になってその利用が拡大しています。残念なことに、Qt 4.7.0 で修正するには遅すぎるバグを発見しました。そのため、Qt 4.7.1 で修正を行います。 [qt ‘ピンチジェスチャー’ l=qpinchgesture v=4.7] は拡大率をプロパティとして所持しています。このプロパティは 0.0 で初期化され、回転時に角度が加算されるように、すべての拡大率の総和を計算していました。 これは誤った考え方です。拡大率は乗算で計算するプロパティです。そのため、Qt 4.7.1 ではズームをより簡単に利用できるようにこの恐ろしい間違いを修正します。この挙動変更は Qt をデバイスで使用するためにも、今行うのが重要だと考えています。 これによって、画像を二本の指で拡大/縮小したい場合、指の動きに応じて計算される拡大率 QPinchGesture::scaleFactor() を使って画像を正常に拡大/縮小出来るようになります。 QPinchGesture の拡大率のプロパティを以下に示します。 [qt ” ‘scaleFactor’ l=qpinchgesture p=scaleFactor] – ジェスチャーイベントを受け取るたびに、アイテムをアップデートするために乗算するのに用います。 [qt ” ‘totalScaleFactor’ l=qpinchgesture p=totalScaleFactor] – ピンチの開始時からの拡大率です。 – 最終的な拡大率が必要な場合にはこの値を使います。 Qt […]

Read More

Qt Developer Days Munich 2010

Published Monday October 25th, 2010 | Leave a comment
Posted in イベント | Tags: ,

10月11日から13日にドイツ・ミュンヘンで開催された Qt Developer Days 2010 に参加してきました。毎年参加者が増大している Qt Developer Days ですが、今年のミュンヘンはありがたいことに約千人に参加していただき、二年前のほぼ倍と過去最大規模での開催となりました。 下記のレポートを通じて、Qt Developer Days の雰囲気を感じていただければと思います。

Read More

Qt Developer Days Munich 2010

Published Monday October 25th, 2010 | Leave a comment
Posted in イベント | Tags: ,

10月11日から13日にドイツ・ミュンヘンで開催された Qt Developer Days 2010 に参加してきました。毎年参加者が増大している Qt Developer Days ですが、今年のミュンヘンはありがたいことに約千人に参加していただき、二年前のほぼ倍と過去最大規模での開催となりました。 下記のレポートを通じて、Qt Developer Days の雰囲気を感じていただければと思います。

Read More

Qt Conference Tokyo 2010 、12月10日(金)に開催

Published Thursday October 21st, 2010 | Leave a comment
Posted in Qt, イベント, ニュース | Tags: ,

「 Qt Conference Tokyo 2010 」 を 、12月10日(金)に開催いたします。 日本国内での Qt 普及を目的とした参加費無料のイベントで、Qt 関連の最新情報を含む様々なトピックについてのセッションを予定しており、皆様の Qt 開発スキル向上の一助となればと思っております。また、日頃の疑問や質問を解決する絶好のチャンスであり、Qt ユーザー同士の交流の機会でもあります。 昨年の Qt Conference Tokyo 2009 では、当時リリースしたばかりだった Qt 4.6 の新機能について、じっくりと 45分お話しました。また、複数のプラットフォームに展開する手法について質問を受ける機会が多いことを踏まえ、Qt 4.6 がサポートするプラットフォームの詳細と、クロスプラットフォームでのアプリケーション開発に関する Tips の紹介を、” Qt Everywhere ” と題して行いました。 Qt オフィシャルパートナー様による講演も行い、日頃 Qt ユーザーから多く聞かれることということで、Qt Creator でのデバッグと GUI 自動テストおよび Qt アプリケーションのローカライゼーションについてをお話しました。 会場も内容も昨年よりスケールアップし、日頃 Qt ユ-ザーが興味を持たれているトピックを中心にセッションを組む予定ですので、是非ご参加下さい。もちろん、Qt グッズも GET できます! また、12月9日(木)には「MeeGo Seminar Winter」も開催されます。2日間で MeeGo および Qt のご理解を一挙に深めて頂こうとの趣旨で、両イベントともご参加の方には素敵なプレゼントを用意しております。 […]

Read More
Get started today with Qt Download now