Monthly Archives: February

Qt をはじめよう! 第15回: GUI デザイナでシグナル/スロットを接続しよう

Published Sunday February 27th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt Creator, Qt をはじめよう! | Tags: , ,

前回 に引き続き今回も GUI デザイナの使い方を説明します。 GUI デザイナではフォーム上のウィジェット間のシグナル/スロットを接続することが可能です。 今回はこの機能を試してみましょう。 シグナル/スロットの接続(1) まず始めに、以下のように LineEdit と PushButton をフォーム上に配置してください。 何か情報を入力して「OK」を押した場合に閉じるようなアプリケーションを想定しています。このため、今回は使用しませんが Label も配置してあります。また、各ウィジェットの文字列の変更やレイアウトはここでは省略してあります。 ここで、ツールバーにある「シグナル/スロットの編集」ボタンをクリックし、シグナル/スロットの編集モードに切り替えましょう。「F4」キーでも同様の操作になります。 それではシグナル/スロットを接続してみましょう。

Read More

Qt をはじめよう! 第15回: GUI デザイナでシグナル/スロットを接続しよう

Published Sunday February 27th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt Creator, Qt をはじめよう! | Tags: , ,

前回 に引き続き今回も GUI デザイナの使い方を説明します。 GUI デザイナではフォーム上のウィジェット間のシグナル/スロットを接続することが可能です。 今回はこの機能を試してみましょう。 シグナル/スロットの接続(1) まず始めに、以下のように LineEdit と PushButton をフォーム上に配置してください。 何か情報を入力して「OK」を押した場合に閉じるようなアプリケーションを想定しています。このため、今回は使用しませんが Label も配置してあります。また、各ウィジェットの文字列の変更やレイアウトはここでは省略してあります。 ここで、ツールバーにある「シグナル/スロットの編集」ボタンをクリックし、シグナル/スロットの編集モードに切り替えましょう。「F4」キーでも同様の操作になります。 それではシグナル/スロットを接続してみましょう。

Read More

Qt をはじめよう! 第15回: GUI デザイナでシグナル/スロットを接続しよう

Published Sunday February 27th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt Creator, Qt をはじめよう! | Tags: , ,

前回 に引き続き今回も GUI デザイナの使い方を説明します。 GUI デザイナではフォーム上のウィジェット間のシグナル/スロットを接続することが可能です。 今回はこの機能を試してみましょう。 シグナル/スロットの接続(1) まず始めに、以下のように LineEdit と PushButton をフォーム上に配置してください。 何か情報を入力して「OK」を押した場合に閉じるようなアプリケーションを想定しています。このため、今回は使用しませんが Label も配置してあります。また、各ウィジェットの文字列の変更やレイアウトはここでは省略してあります。 ここで、ツールバーにある「シグナル/スロットの編集」ボタンをクリックし、シグナル/スロットの編集モードに切り替えましょう。「F4」キーでも同様の操作になります。 それではシグナル/スロットを接続してみましょう。

Read More

みなさん、Qt の JavaScript はますます速くなります

Published Friday February 25th, 2011 | 1 Comment on みなさん、Qt の JavaScript はますます速くなります
Posted in Qt | Tags: ,

この記事は Qt Blog の “Qt people, our JavaScript platform is burning rubber” を翻訳したものです。 執筆: Kent Hansen 2011年2月24日 現在、Qt で Google の V8 JavaScript エンジンの利用について研究を行っています。法務的な問題から、極秘にこのプロジェクトを進めてきましたが、ようやく表に出せるようになりました: http://qt.gitorious.org/qt/qt-script-ng 今のところ、このリポジトリは Qt の完全なクローンです。このプロジェクトに関する詳細な説明は QtScript wiki にあります。また、JavaScript/Qt の開発に関するメーリングリストも作成しました。FreeNode の IRC の #qt-script チャンネルもあります。(将来の) Qt の JavaScript エンジンの統合(QML, QtWebKit もしくは独自のアプリケーションへの組み込みなど)に興味がある方は、是非ともご参加ください。 V8 ベースのバックエンドのステータスですが、いくつかの QtScript の API が実装されていませんし、失敗するオートテストの項目([qtbug QTBUG-17640])もあります。しかし、いくつかの QtScript や QML のサンプル、デモプログラムは動作しています。現在の Qt […]

Read More

みなさん、Qt の JavaScript はますます速くなります

Published Friday February 25th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: ,

この記事は Qt Blog の “Qt people, our JavaScript platform is burning rubber” を翻訳したものです。 執筆: Kent Hansen 2011年2月24日 現在、Qt で Google の V8 JavaScript エンジンの利用について研究を行っています。法務的な問題から、極秘にこのプロジェクトを進めてきましたが、ようやく表に出せるようになりました: http://qt.gitorious.org/qt/qt-script-ng 今のところ、このリポジトリは Qt の完全なクローンです。このプロジェクトに関する詳細な説明は QtScript wiki にあります。また、JavaScript/Qt の開発に関するメーリングリストも作成しました。FreeNode の IRC の #qt-script チャンネルもあります。(将来の) Qt の JavaScript エンジンの統合(QML, QtWebKit もしくは独自のアプリケーションへの組み込みなど)に興味がある方は、是非ともご参加ください。 V8 ベースのバックエンドのステータスですが、いくつかの QtScript の API が実装されていませんし、失敗するオートテストの項目([qtbug QTBUG-17640])もあります。しかし、いくつかの QtScript や QML のサンプル、デモプログラムは動作しています。現在の Qt […]

Read More

Mac でのエイリアンウィジェット

Published Thursday February 24th, 2011 | 1 Comment on Mac でのエイリアンウィジェット
Posted in Qt | Tags: ,

この記事は Qt Blog の “Alien widgets on Mac” を翻訳したものです。 執筆: Richard Moe Gustavsen 2011年2月23日 今のところ、Qt for Mac OS X では全てのウィジェット([qt QWidget])が NSView クラスのインスタンスを作成しています。これはすなわち、アプリケーションが持つウィジェットの親子関係を反映した Cocoa フレームワークにおける表示の親子関係を、Qt が保持しているという事です。各 NSView は OS のネイティブのイベントを受け取り、対応するウィジェットに転送します。イベントを受けて Qt がそれ自身の方法でマウスのグラブやウィンドウのポップアップなどをするためには、各ウィジェットで追加の処理と書き換えをして [qt QEvent] に変換したうえで、プラットフォームとは独立した手段でアプリケーションに送り出します。 Apple は NSView を使いすぎないように慎重に利用する事を推奨しています。最適化のためには、その数が 100 未満になるように努めるべきでしょう。しかし、作成した Qt アプリケーションがウィジェットを大量に使用している場合には、簡単にこの制限を超えてしまいます。その結果、下記の最初のムービーのようにアプリケーションが重たくなってしまいます。このサンプルアプリケーションでは、無謀にも 2000 ものウィジェットを作成しています。ここで作成したウィジェットはマウスの移動に従ってハイライトするボタンです。ご覧になったとおり、アプリケーションの規模の増大に対応できず、大きな遅延が生じています。 UI を素晴らしくするために大量のウィジェットを使用する傾向のあるユーザーにとっては、この制限は致命的になりかねませんでした。幸いな事に、この問題に対して Qt には「エイリアンウィジェット」と呼ばれる解決策があります。Qt 4.4 からは Qt for Windows や […]

Read More

Mac でのエイリアンウィジェット

Published Thursday February 24th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: ,

この記事は Qt Blog の “Alien widgets on Mac” を翻訳したものです。 執筆: Richard Moe Gustavsen 2011年2月23日 今のところ、Qt for Mac OS X では全てのウィジェット([qt QWidget])が NSView クラスのインスタンスを作成しています。これはすなわち、アプリケーションが持つウィジェットの親子関係を反映した Cocoa フレームワークにおける表示の親子関係を、Qt が保持しているという事です。各 NSView は OS のネイティブのイベントを受け取り、対応するウィジェットに転送します。イベントを受けて Qt がそれ自身の方法でマウスのグラブやウィンドウのポップアップなどをするためには、各ウィジェットで追加の処理と書き換えをして [qt QEvent] に変換したうえで、プラットフォームとは独立した手段でアプリケーションに送り出します。 Apple は NSView を使いすぎないように慎重に利用する事を推奨しています。最適化のためには、その数が 100 未満になるように努めるべきでしょう。しかし、作成した Qt アプリケーションがウィジェットを大量に使用している場合には、簡単にこの制限を超えてしまいます。その結果、下記の最初のムービーのようにアプリケーションが重たくなってしまいます。このサンプルアプリケーションでは、無謀にも 2000 ものウィジェットを作成しています。ここで作成したウィジェットはマウスの移動に従ってハイライトするボタンです。ご覧になったとおり、アプリケーションの規模の増大に対応できず、大きな遅延が生じています。 UI を素晴らしくするために大量のウィジェットを使用する傾向のあるユーザーにとっては、この制限は致命的になりかねませんでした。幸いな事に、この問題に対して Qt には「エイリアンウィジェット」と呼ばれる解決策があります。Qt 4.4 からは Qt for Windows や […]

Read More

「第一回関東Qt勉強会」が開催されました

Published Wednesday February 23rd, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt, イベント | Tags: ,

昨年から「Qt@福岡」さんが勉強会を開催されていますが、それに触発されて関東でも Qt の勉強会が開催されました。その「第一回関東Qt勉強会」に参加してきましたので、簡単なレポートをしたいと思います。勉強会の様子は Twitter の #qtjp ハッシュタグでつぶやかれてますので、そちらでもある程度伺えるのではないかと思います。 今回の勉強会は @himamura さんがメインとなって開催されました。一週間前に Twitter での告知という限られた状況での開催でしたが、20人の定員が一日足らずで埋まるという盛況でした。会場は アイティメディア株式会社 さんの会議室をご厚意でお借り出来たそうです。

Read More

「第一回関東Qt勉強会」が開催されました

Published Wednesday February 23rd, 2011 | 2 Comments on 「第一回関東Qt勉強会」が開催されました
Posted in Qt, イベント | Tags: ,

昨年から「Qt@福岡」さんが勉強会を開催されていますが、それに触発されて関東でも Qt の勉強会が開催されました。その「第一回関東Qt勉強会」に参加してきましたので、簡単なレポートをしたいと思います。勉強会の様子は Twitter の #qtjp ハッシュタグでつぶやかれてますので、そちらでもある程度伺えるのではないかと思います。 今回の勉強会は @himamura さんがメインとなって開催されました。一週間前に Twitter での告知という限られた状況での開催でしたが、20人の定員が一日足らずで埋まるという盛況でした。会場は アイティメディア株式会社 さんの会議室をご厚意でお借り出来たそうです。

Read More

Qt を教えよう !

Published Thursday February 10th, 2011 | 1 Comment on Qt を教えよう !
Posted in ニュース, 教育 | Tags: ,

この記事は The Qt Blog から、“Teach Qt!” (2011/1/17投稿) を翻訳したものです。 執筆: Hanne Linaae ついに完成し、Web に掲載しました。「何が?」という疑問があるかと思いますが、それは Qt 講義 (Qt in Education) 向けの教材です。我々はかなりの時間をその作成に費やしました。そして今、皆様に完成したとお伝えできることを誇りに思います。この教材は、教員の方々が担当カリキュラムの中で Qt を教えるためにご使用いただけますし、また、Qt を学び始めた方々やもっと学びたいという方々にも役立つ教材だと思います。 この教材は新たに開設された “Qt in Education course material” に掲載しています。この中には、スピーカーノート及び各講義の終わりに習得度をテストできるようなエクササイズが付いた、10講義分の内容が含まれています。加えて、学生がいくつかの講義で学んだ知識を組み合わせたり、ドキュメントを参照しながら解けるように工夫された5つの応用エクササイズ (Lab) も含まれています。 では、なぜ我々はこの教材を作成したのでしょうか? 18ヶ月前に 私はプログラムマネージャー として Qt 教育支援プログラムを始めました。それは全くの新しい役割では無く、Trolltech 時代からずっと役割の一部でしたが、その時に初めて教育領域、つまり、Qt の講義を行っているもしくは行っていきたい大学のサポートに100%注力できるようになったのです。 もちろん To-doリスト の最初は、教員の方々に、彼らのサポートをするために我々が存在することに気付いてもらうことでした。しかし、どうやって教育現場で何らかの形で Qt を使っている大学を探せばいいのでしょうか。代表番号に電話して聞いても、分かるとは限りません。コンピューターサイエンス学部の問い合わせた結果が「No」だったとしても、数学科では Qt を学生に教えているということがあるかもしれません。まさにこの通りのことがオックスフォード大学であり、そこでは “C++ for Mathematicians” という講義が開催されていました。コンピューターサイエンス学部で Qt を教えている良い例は、バージニア工科大学での “Applied Software Design” コースです。 これらの情報はサフォーク大学の […]

Read More
Get started today with Qt Download now