Monthly Archives: January

Wayland を使用したマルチ UI プロセス構成のデバイス開発

Published Wednesday January 25th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: , ,

この記事は The Qt Blog の Creating devices with multiple UI processes using Wayland を翻訳したものです。 執筆: Johan Helsing, 2017年1月23日 一昔前のユーザーインターフェースのあるデバイスでは、ユーザーインターフェースを実行するプロセスが1つだけあるような設計になっていました。これはユーザーインターフェースからデバイスをコントロールするためのロジックを分離したとても良い設計で、エンドユーザーの操作に対して即座に反応することができました。ハードウェアのコストが下がり性能が向上するにつれ、デバイスができることが増えてきました。ユーザーインターフェースは、非同期のイベントや様々なソースから発生する情報を表示するなど、以前より多くの役割を担う必要がでてきました。SMS のみに対応したシンプルな携帯電話が様々な機能を搭載したフィーチャーフォンに進化し、現在では10年前のパソコンよりも性能がよいスマートフォンがあたりまえになっています。スマートフォンのすべての UI をシングルプロセスで実行するなんて想像しただけで発狂しそうです。というわけで、複雑なデバイスのユーザーインターフェースの構築には同じような技術を導入してはいかがでしょうか? デバイスのユーザーインターフェースをマルチプロセス化するメリット: 安定性と堅牢性: アプリケーションを機能単位で複数に分割することにより、個々のアプリケーションの安定性を最大化でき、万が一あるアプリケーションがクラッシュしたとしても、他のアプリケーションには影響がありません。 開発の効率化: アプリケーションごとに担当するチームを分割することができ、他のチームの影響によるリスクを低減させることができます。 セキュリティ: システムや他のプロセスに対する最低限の権限でアプリケーションを実行することができます。 サードパーティーのアプリケーション開発: サードパーティのアプリケーション開発にデバイスを開放するのが容易になります。様々な UI ツールキットで開発されたアプリケーションを共存させることも可能です。 なぜ Wayland なのか? ユーザーインターフェースのプロセスを分割する決定をする際の技術的な課題は、いかに複数プロセスの画面出力をディスプレイに持っていくかになります。これまでの歴史的なアプローチは X を利用して、独自のウィンドウマネージャーを作成することでした。 最近のアプローチは X のよりシンプルな代替である Wayland を使うことです。 簡単に開発ができ、メンテナンスも楽 最新のグラフィックハードウェアを念頭においたモダンなウィンドウマネージメントの設計 プロトコルの拡張が容易 Wayland はウィンドウマネージメントの新しい業界標準 – 誰でも利用でき、誰でも拡張可能な共通プロトコル Wayland では「コンポジタ」が個々のクライアントのコンテンツをアレンジしてスクリーンに出力する役割を担います。 Qt の […]

Read More

Qt SCXML および Qt Creator での State Chart サポート

Published Wednesday January 25th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: , , ,

この記事は The Qt Blog の Qt SCXML and State Chart Support in Qt Creator を翻訳したものです。 執筆: aportale, 2017年1月23日 Qt 4.6 での Qt State Machine Framework の導入以降、Qt ではステートマシーンを利用したアプリケーションの開発がサポートされています。今回 Qt 5.8 と Qt Creator 4.2 で新たに導入されたステートマシーン向けの対応により、その開発がさらに簡単になりました。 Qt 5.8 では Qt SCXML module が正式対応となり、SCXML を利用したステートマシーンを Qt で使うのがとても簡単になりました。これまでは SCXML は外部のツールを利用して Qt に取り込んでいて、それは依然として可能です。しかし、Qt Creator 4.2 ではステートチャートのビジュアルエディタが実験的にサポートされたため、これを利用して Qt Creator の中でステートチャートを作成したり、編集したりといったことが可能になります。このエディタと最近の Qt Creator の改善により、ステートマシーンを利用したアプリケーションの開発が […]

Read More

Qt Creator 4.2 ベータ版リリース

Published Wednesday January 25th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt Creator | Tags: ,

この記事は Qt Blog の「Qt Creator 4.2 Beta released」を翻訳したものです。 執筆: Eike Ziller, 2016年10月26日 本日 Qt Creator 4.2 のベータ版をリリースいたしました。 Qt SCXML Editor Qt SCXML は Qt の新しいモジュールで、State Chart XML からステートマシーンを構築し、Qt C++/Quick のアプリケーションに組み込むことが可能になります。概要は Overview を参照してください。この機能自体は Qt 5.7 にテクニカルプレビューとして含まれていましたが、5.8 では完全にサポートされる予定です。 Qt Creator 4.2 では SCXML のグラフィカルエディタ を(実験的に)追加しました。ステート、サブステート、トランジション、イベントとすべての種類のプロパティの編集に対応しています。このエディタは実験的な機能のため、プラグインはデフォルトでは無効になっています。試す場合は ヘルプ > プラグインについて… (macOS の場合は Qt Creator > プラグインについて) より有効にしてください。 Projects Mode […]

Read More

Qt Creator 4.2.1 をリリースしました

Published Wednesday January 25th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt Creator | Tags: ,

この記事は The Qt Blog の Qt Creator 4.2.1 released を翻訳したものです。 執筆: Eike Ziller, 2017年1月23日 本日 Qt Creator 4.2.1 をリリースいたしました。このリリースはバグフィックスのみのリリースとなっており、特にいくつかの重要なバグが修正されています。 プロジェクトモードにて設定の変更時にいくつかのプロパティのみが初期化されいたため、QMake プロジェクトの実行に様々な影響がでていました。またカスタムの実行ファイルに関するバグも修正いたしました。 4.2 では Xcode 8 での iOS シミュレーターの対応を修正しましたが、iOS 10 のシミュレーターデバイスの実行時にいくつかの問題が残ったままでした。シミュレーター上でのアプリケーションの開始の方法を見直すことでこの問題に対応しました。 これ以外にも様々なバグを修正しました。詳細は change log をご覧ください。 Get Qt Creator 4.2.1 オープンソース版は Qt download page から入手可能です。商用ライセンスをお持ちの方は Qt Account Portal からダウンロードをしてください。オンラインインストーラーの更新機能でも Qt Creator 4.2.1 へのアップデートが可能です。もしなにか問題を見つけた場合には bug tracker にて報告をお願いします。開発者と直接やりとりをしたい場合は IRC のchat.freenode.net の #qt-creator か、Qt Creator mailing list にて応対いたします。

Read More

Qt 5.8 をリリースしました

Published Wednesday January 25th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt, ニュース | Tags: ,

この記事は The Qt Blog の Qt 5.8 released を翻訳したものです。 執筆: Lars Knoll, 2017年1月23日 本日 Qt 5.8 をリリースいたしました。qt.io からダウンロードしていただけます。Qt 5.8 と同時に Qt Creator 4.2.1 もリリースし、Qt for Device Creation も更新いたしました。Qt 5.8 には数多くの新機能が追加され、規模の大きなリリースとなりました。ここでいくつかの紹介をしたいと思います。 Qt Lite Qt 5.8 のメインの新機能の1つが、Qt をより柔軟に簡単にカスタマイズできるようになったことで、特に組み込み機器に向けた機能になります。Qt Lite はこれらを実現するためのプロジェクトのコードネームになります。 私たちの目標は、みなさんのニーズに合うように Qt をカスタマイズし、みなさんのプロジェクトでは必要のない Qt の中の機能を簡単に取り除けるようにすることでした。コンパイル後の Qt のライブラリのサイズを大幅に削減することにより、最終的な成果物のサイズをコンパクトにすることが可能になりました。 この機能の実現には Qt の configure に関わるコードのほとんどの部分の書き直しが必要で、実に長い道のりでした。Qt の configure には Windows と Unix 系の二つのバージョンが存在し、不整合も多々ありました。15年に渡って成長してきたこのソースコードを今回すべて整理いたしました。 結果として、Qt […]

Read More
Get started today with Qt Download now