Qt Labs

Qt Visual Studio Tools の紹介

Published Wednesday March 15th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt Labs | Tags: , ,

この記事は The Qt Blog の Qt Visual Studio Tools Insights を翻訳したものです。 執筆: Karsten Heimrich, 2017年1月27日 Qt Visual Studio ツールの開発にあたって、拡張機能のアップデートのローカルでの動作確認やテストをどうするかを考える必要がありました。Visual Studio ユーザーのみなさんの多くはご存知と思いますが、この IDE には自分のプライベートな拡張ギャラリーをセットアップする機能があります。これには「ツール > オプション」ダイアログの「拡張機能と更新プログラム」の中の「その他の拡張ギャラリー」を開く必要があります。 最初に、生成された VSIX をディスク上のあるフォルダに置いて、単にそのフォルダを URL に入力してみました。「拡張機能と更新プログラム」を確認したところ、生成したツールの更新は検出されていませんでした。なにかの設定ファイルが必要かな?これは意外と手強いぞ、と思いながらインターネットを検索してみたところ、 こちらの記事 にたどり着きました。設定ファイルは Atom のフィード形式のフォーマットであることが分かりました。 Visual Studio は Atom のフィード形式を拡張しヘッダーとエントリーを利用しています。ヘッダーは一度だけ出現し、エントリーは複数回出現することができます。まずヘッダー側のタグを見てみましょう。 <title> リポジトリの名前. <id> このフィードのユニークID <updated> フィードの更新日時 これらは実際の機能とはあまり関係ないようにみえますが、一応ちゃんと入れておきましょう。 entry タグの方は重要で、こちらに実際のパッケージの情報が含まれます。オプションのタグもいくつもありますが、一番重要なものをここで紹介します。パッケージの更新を行うには <Vsix> タグを entry タグの直下に置き、その中に以下の二つのタグを追加する必要があります。 <id> VSIX の […]

Read More

QtLabs に PDF モジュールを追加しました

Published Friday February 24th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt Labs | Tags:

この記事は The Qt Blog の New QtLabs PDF module を翻訳したものです。 執筆: Shawn Rutledge, 2017年1月30日 弊社の二人のエンジニアが一昨年のハッカソンでオープンソースの PDF レンダリングエンジンで Chromium でも PDF の表示に使われている PDFium の Qt ラッパーを作りました。その後いくつかの修正や改善がなされ、今回ようやく LGPLv3 ライセンスの元で公開するところまで持ってこれました。 QPdfDocument は PDF の1ページを QImage に変換するためのクラスで、ブックマーク用にQPdfBookmarkModel というクラスも用意しました。ウィジットで作った PDF ビューアーのサンプルも中に含まれています。 試される際には、以下の手順でお願いします: git clone git://code.qt.io/qt-labs/qtpdf cd qtpdf git submodule update –init –recursive qmake make cd examples/pdf/pdfviewer qmake make ./pdfviewer /path/to/my/file.pdf QtQuick の […]

Read More
Get started today with Qt Download now