MQTT

Qt におけるシリアル化

Published Sunday October 28th, 2018 | Leave a comment
Posted in Qt for Automation | Tags: , , , , ,

この記事は The Qt Blog の Serialization in and with Qt を翻訳したものです。 執筆: Maurice Kalinowski, 2018年05月31日 この連載の最初の記事 で、メッセージの構築と組み合わせ、テレメトリセンサーでのオーバーヘッドの削減を紹介しました。 今回は、メッセージのペイロード(本体)とその最適化について紹介します。 Qt にはオブジェクトのシリアル化の方法がいくつかあります。パート1では、JSON を利用しました。この場合、すべてのセンサーの情報は QJsonObject に収められ、QJsonDocument が情報を QByteArray に変換する役を担いました。 QJsonObject jobject; jobject[“SensorID”] = m_id; jobject[“AmbientTemperature”] = m_ambientTemperature; jobject[“ObjectTemperature”] = m_objectTemperature; jobject[“AccelerometerX”] = m_accelerometerX; jobject[“AccelerometerY”] = m_accelerometerY; jobject[“AccelerometerZ”] = m_accelerometerZ; jobject[“Altitude”] = m_altitude; jobject[“Light”] = m_light; jobject[“Humidity”] = m_humidity; […]

Read More

Qt の MQTT でデバイス間通信の最適化

Published Tuesday September 18th, 2018 | Leave a comment
Posted in Qt for Automation | Tags: ,

この記事は The Qt Blog の Optimizing Device Communication with Qt MQTT を翻訳したものです。 執筆: Maurice Kalinowski, 2018年05月16日 Qt for Automation は Qt for Application Development や Qt for Device Creation 向けのアドオンとして、Qt 5.10 に合わせてリリース致しました。これに含まれる Qt MQTT と呼ばれるモジュールが、クライアントサイドの MQTT のソリューションです。 Qt MQTT はクライアント用で、開発者が MQTT で送るデータを管理するセンサーデバイスやゲートウエイを開発する際に利用されます。MQTT はそれ自身が軽量で、オープンで、シンプルだとうたっています。プロトコル的にオーバーヘッドを限りなく減らすというのが基本的な思想です。もっとも採用されているバージョンは MQTT 3.1.1 で、これはよく MQTT 4 と呼ばれています。MQTT 5 は最近標準化がなされ、Qt MQTT でもその対応を進めています。これについては今年の後半に別途お知らせ致します。 このモジュールの機能の確認と、開発者への利用のガイドラインを作成するために、The Qt […]

Read More

QtMqtt について

Published Thursday August 17th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt for Automation | Tags: ,

この記事は The Qt Blog の Introducing QtMqtt を翻訳したものです。 執筆: Maurice Kalinowski, 2017年8月14日 最近、オートメーション分野にむけたアプローチについての議論が活発に行われています。興味のある方は、こちら と別の ブログ記事 も合わせてご覧ください。 オートメーションむけのプロジェクトを開始するにあたって、最初の障壁は適切なコミュニケーションスタックの構築です。MQTT はテレメトリデータ(センサーからのデータの収集やデバイスの状態など)の管理で、ここ数年でとても注目を集めている技術で、今回これをサポートすることで開発のワークフローの単純化に対応することにしました。 MQTT とは MQTT の自身の説明 を引用します。 “It was designed as an extremely lightweight publish/subscribe messaging transport. It is useful for connections with remote locations where a small code footprint is required and/or network bandwidth is at a premium.” […]

Read More

Qt for Automation

Published Thursday August 17th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt for Automation | Tags: , ,

この記事は The Qt Blog の Qt for Automation を翻訳したものです。 執筆: Lars König, 2017年8月14日 みなさんこんにちは。おそらくみなさんはご存知とは思いますが、我々のミッションは開発者のみなさんが素晴らしいアプリケーションの開発において「本当に本当にしたいことに集中すること」をお助けするフレームワークや開発ツールをお届けすることです。 最近は Industry 4.0 や IoT の分野でまた新しいチャレンジがはじまっています。インターネットに接続されるデバイスの数はさらに増加し、これらの機器に由来する様々なデータの量は増大します。この結果、アプリケーションはどんどん複雑になっていくでしょう。 というわけで、戦いの現場はめまぐるしいペースで変わり続けます。デバイスのインフラの状況やアプリケーションの複雑化、開発自体。これらの結果、相互運用性やスケーラビリティの多次元的なチャレンジが生まれます。我々はこの度新たに開発した Qt for Automation で、みなさんのチャレンジをチャンスに変えるお手伝いをしたいと思います。 「オートメーション」の定義は? 我々にとっての「オートメーション」とは、複雑なオートメーション環境に存在する、すべてのネットワークに接続されうる(末端の)デバイス(クライアントやゲートウェイ、ヘッドレス機器)と、それと連携するデスクトップアプリケーションを意味します。「スマート施設」「ネットワークサービスのタッチポイント」と「オートメーションの構築」の間にあるものを考えてみてください。それらのすべてのセグメントで、技術だけではなくサービスやビジネス面で同様のチャレンジが存在するでしょう。 「Qt for Automation」の理由 Qt for Automation では、新たなライブラリや開発ツールを提供するだけではなく、このドメインに特化した サービス を提供することでこの業界特有の問題の解決をサポートします。 Qt for Automation の今回のリリースははじまりにすぎません。今後様々な改善や改良を継続的に行い、定期リリースという形で更新していく予定です。 それでは、この最初のリリースを紹介します。 基本思想:Qt 5.9 LTS などを最大限活かす Qt for Automation には仮想キーボード、QtSerialBus、VNC、Qt Lite Confituration Tool、WebGL ストリーミング機能(Qt 5.10 で導入予定)など、Qt […]

Read More
Get started today with Qt Download now