Qt Quick

Shape を追加しました!

Published Saturday July 15th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: ,

この記事は The Qt Blog の Let There Be Shapes! を翻訳したものです。 執筆: Laszlo Agocs, 2017年7月7日 次の Qt 5.10 の新機能の一つとして Qt Quick に shape プラグインを追加しました。これにより、直線や二次曲線、三次曲線、弧などからなる線や図形などのパスを Qt Quick に追加することが可能になりました。もちろん、これまでも QQuickPaintedItem や Canvas 上で実現は可能でしたが、Shapeは Qt Quick の純正のエレメントで、シーングラフ的には実際のジオメトリもしくはベンダー固有の GPU のパスの描画機能(GL_NV_path_rendering) にて処理がなされます。 Android タブレット上での Shape のサンプルプログラム これのなにがすごいの? CPU による(QImage や OpenGL FBO への)描画処理の必要がなくなるので、高解像度のディスプレイを含む比較的広いエリアにこういった描画をしていたり、移動や回転などのアニメーションによる再描画が多発していた場合にとても効果を発揮します。 API は完全に宣言的で、stroke や fill パラメータ、パスエレメントの座標、コントロールポイントなどのすべてのプロパティが QML の表現で書け、Qt Quick […]

Read More

Qt 5.8.0 での QML のパフォーマンスの改善について

Published Wednesday April 5th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: , , ,

この記事は The Qt Blog の Qt QML Performance improvements in Qt 5.8.0 を翻訳したものです。 執筆: Alex Blasche, 2017年3月8日 Qt 5.8 では大幅な Qt QML のパフォーマンスの改善がなされました。数人のエンジニアが多くの時間を費やし、どこがどう遅いのか、どう改善できるのかを調べました。これは Qt QML を最初にリリースした時から常に継続していることで、今後もこれは続くでしょう。ある程度の検討を重ねた結果、実際にどういう作業が行われているかをわかりやすくすることにしました。この長期に渡るプロジェクトを通していくつものパフォーマンス関連のツールや社内外のエンジニアによるベンチマークに関するノウハウが蓄積されています。これにより複雑なアレコレを一般化することが可能になりました。 起動時間 Qt 5.6.2 と Qt 5.8.0 で、グラフィカルと非グラフィカルなベンチマークで起動時間を比較してみました。対象のプラットフォームは Windows と Ubuntu、macOS、iMX6 ボード(この中で唯一32bitの環境になります)です。起動時間は以下の Qt の環境で確認しました。 Qt 5.6.2 Qt 5.6.2 + 商用の Qt Quick Compiler (qmlcompiler) Qt 5.8.0 + QML キャッシュなし Qt […]

Read More

Qt 5 向けの新しい QML デモ

Published Thursday July 26th, 2012 | Leave a comment
Posted in Qt Quick | Tags: , ,

この記事は Qt Blog の “New QML demos for Qt 5” を翻訳したものです。 執筆: Alan Alpert, 2012年7月17日 ブリスベンの QML コアチームに、Qt 5 に向けて新しいメンバーが加わりました。やっとチームにデザイナーが加わったことで、QML を最もデザイナーにやさしい UI 言語にするという目標に近づくことができます。この記事ではチームで開発した最新のアプリやゲームのデモビデオを紹介したいと思います。ただ、ビデオで見せることがデモの一番の目的ではありません。これらのデモのソースコードが qt-project.org で BSD ライセンスで公開されています。新しいエキサイティングな機能の裏側にある実装を見て頂くために、ソースコードへのリンクも随所に入れていこうと思います。

Read More

Qt 5 向けデスクトップ用コンポーネント

Published Monday June 11th, 2012 | Leave a comment
Posted in Qt Quick | Tags: , , , ,

この記事は Qt Blog の “Desktop Components for Qt 5” を翻訳したものです。 執筆: Morten Johan Sørvig, 2012年6月6日 先日行われた 投票 によると、デスクトップ向けコンポーネントは Qt Quick 2 に最も期待されているアドオンの一つです。その実現を支援するために、Desktop Component プロジェクトを codereview.qt-project.org へと移行させ、Qt Quick 1 & 2 の双方についての貢献の受付を始めました。いくつもの素晴らしい貢献が既に行われています。また同時に、Qt 5 へより早くコンポーネントをもたらすために Nokia からも数名がプロジェクトに携わり始めました。 このコンポーネントは Qt Playground プロジェクトとしてホストされており、5.0 のリリースには含まれないでしょう。Qt 5 のリリースとある程度同期した形で、個別にリリースを行う予定です。いずれかの時点で、コンポーネントが Qt 5 の一部となるようにしたいと思います。 プロジェクトの詳細を wiki に用意しました。以下のスクリプトで試してみてください。 git clone https://git.gitorious.org/qtplayground/qtdesktopcomponents.git qtdesktopcomponents git checkout qt5 […]

Read More

Qt 5 アルファ版

Published Wednesday April 4th, 2012 | 1 Comment on Qt 5 アルファ版
Posted in Qt, ニュース | Tags: , , , , , , ,

この記事は Qt Blog の “Qt 5 Alpha” を翻訳したものです。 執筆: Lars Knoll, 2012年4月3日 本日 Qt 5 のアルファ版をリリースしました。Qt Project への開発体制の移行後、初のメジャーリリースになります。これまで数多くの関係者がこのリリースのために尽力してきました。Nokia の社員ではない方々もこのアルファ版に向けた多くの作業や新機能の実装を行ってきました。このプロジェクトに様々な人が加わり、一丸となって Qt をさらに良いものにしていることを大変嬉しく思います。 Qt 5 のアルファ版のリリースの主な目的は、今後のリリースをより良いものにするためのフィードバックを得ることです。このアルファ版では Qt 5 が提供する機能のうち、基本的な機能で構成される Qt Essential のモジュールにフォーカスしています。 アルファ版は http://qt-project.org/wiki/Qt-5-Alpha からダウンロードできます。今回はソースコードのみのリリースで、バイナリの提供はありません。みなさんの手でビルドをしていただく必要があります。ビルドの手順については http://qt-project.org/wiki/Qt-5-Alpha-building-instructions を参照してください。

Read More

Qt Quick 2 のデバッグ – Console API

Published Thursday March 22nd, 2012 | Leave a comment
Posted in Qt Creator | Tags: , ,

この記事は Qt Blog の “Debugging Qt Quick 2 – Console API” を翻訳したものです。 執筆: Aurindam Jana, 2012年3月1日 Qt Quick はより柔軟でスピーディーな開発が可能になります。これまでは「コンパイル」「パッケージング」「デプロイ」「実行」というサイクルを何度も何度も繰り返す必要がありましたが、Qt Quick では実行中にソースを変更することも可能です。Qt Creator ではバージョンが新しくなるたびに Qt Quick をさらに効果的に使うことができるようにしてきました。しかし、どんなプログラミング言語も完璧ではありません。QML では文法の間違いは実行時のエラーになります。QtDeclarative のバインディングループに悩まされた経験がある方もいると思いますが、JavaScript には嵌りどころがたくさんあります。これらに対しては、デバッガやプロファイラ、インスペクタといった武器で対抗しましょう 🙂 この記事ではデバッグ、特に最も簡単な Console API を使用した手法について紹介します。console.log() メソッドはこの API の一部で、すでにみなさんも helloworld.qml でこの API を使ったことがあると思いますが、使用する機会はとても多いです。少し前に、(ウェブブラウザでのデファクトスタンダードである) FireBug console API を参考に、Qt 5 の API にとても便利なメソッドをいくつか追加しました。 ログの出力 console.log と console.debug は Qt Quick […]

Read More

動画であそぼう: シェーダーエフェクトとマルチメディア

Published Tuesday March 6th, 2012 | Leave a comment
Posted in Qt Quick | Tags: , ,

この記事は Qt Blog の “Pimp my video: shader effects and multimedia” を翻訳したものです。 執筆: Gareth Stockwell, 2012年2月29日 はじめに Qt Quick のアプリケーションでのシェーダー言語によるエフェクトが注目を集めてきています。シェーダー言語の基本さえ分かってしまえば、Qt Quick のアプリケーションにシェーダーを埋め込むのは本当に簡単で、素晴らしいビジュアルエフェクトが驚くほど少ないソースコードで実現できます。 今までブログでは取り上げてきませんでしたが、(動画再生やカメラの映像などの)マルチメディアのコンテンツへのシェーダーエフェクトの適用も、他の QML 要素と同様に簡単にできます。この記事は QtMultimedia とシェーダーの組み合わせについて紹介したいと思います。 どのようなエフェクトが使用できるかは、デモを見てもらうのが一番です。ということでこの動画からはじめましょう。 qmlvideofx デモ: デスクトップ Linux 上の Qt 5 この動画は Qt Quick 2 のデモアプリで、デスクトップの Linux で動いています。(フレームレートを計算するためにシーングラフのシグナルを監視したり、ファイルからシェーダーを読み込むための)補助的な C++ のコードを除くと、このアプリはすべて QML で書かれています。

Read More

QML プロファイラのアップデート

Published Friday February 10th, 2012 | Leave a comment
Posted in Qt Creator | Tags: ,

この記事は Qt Blog の “QML Profiler update” を翻訳したものです。 執筆: Christiaan Janssen, 2012年02月07日 こんにちは。 数ヶ月前から、ユーザーインターフェースに特別に焦点を当てて QML プロファイラの改善を行っています。最新の機能を使えば、タイムラインの閲覧や、見るべき箇所の発見、そして統計データの効率的な管理をより簡単に行えるようになり、開発中のアプリケーションをより把握できるようになります。新機能としてはトレース結果の読込・保存機能を追加し、プロジェクトチーム内で共有したり、以前の結果を確認できるようになりました。また、タイムラインに実行中のアニメーションに関する情報を追加しました。これにより、FPS(フレーム/秒)や同時に動作しているアニメーションの数が確認できます。さらに V8 エンジンのプロファイラを統合し、専用のタブにその結果を表示するようにしました。この機能は V8 JavaScript エンジンを使う最初の Qt である Qt 5 のアプリケーションでのみ利用できます。 新機能の一部を紹介する短いビデオを作成しました。ラップトップで作成したのですが、ツールの関係でビデオのフレームレートが低くなっていることをお詫びします。オリジナルのサイズでブログに埋め込む方法が分からなかったので、フルスクリーンで再生してください。 このビデオをきっかけに、QML プロファイラを実際に皆さんのアプリケーションでテストしていただければ幸いです。こんな機能が欲しいなど、プロファイラに関する様々なフィードバックをお待ちしております。 後日、現在開発中の他の QML ツールに関する記事を執筆する予定です。ご期待ください。 フィードバックや質問は IRC で freenode サーバの #qt-creator チャンネルでお願いします。

Read More

Qt Graphical Effects プロジェクト

Published Friday February 3rd, 2012 | Leave a comment
Posted in リサーチプロジェクト | Tags: , , ,

この記事は Qt Blog の “Qt Graphical Effects in Qt Labs” を翻訳したものです。 執筆: Sami Lehtonen, 2012年2月2日 はじめに Qt Graphical Effects プロジェクトは Qt Quick 2.0 向けの特定のデザインに依存しないビジュアルエフェクトのセットを提供するために進められています。 現在は20種類以上の QML のグラフィックエフェクト要素が利用可能です。このエフェクトにはブレンド、マスク、ぼかし、色付けをはじめ、様々なコードが含まれています。まだまだ改善や拡張の余地があり、アイデア、フィードバック、提案や、より具体的な貢献はどんなものでも大歓迎です! エフェクトの一覧

Read More

モバイル関連ニュース – Qt Quick で新しい Nokia Store、Nokia 603、そして美味しい SNAC

Published Sunday October 16th, 2011 | Leave a comment
Posted in ニュース | Tags:

この記事は Qt Blog の “Mobile roundup – Nokia Store goes Qt Quick, new Nokia 603 and a tasty SNAC” を翻訳したものです。 執筆: David Stone, 2011年10月13日 オスロは寒くなってきましたが、今週はモバイル関連のニュースで熱くなりました。 Qt Quick で生まれ変わった Nokia Store Nokia N8 などの Symbian 端末、または Qt 搭載の Nokia N9 をお持ちの方は、全て Qt Quick で作り直された新しい Store クライアントを使うことができます。新しいクライアントは、 Ovi Store が正式に Nokia Store という新しいブランドに生まれ変わるのと同時にリリースされます。QML ベースのスムーズな体験を、是非お楽しみ下さい。このアプリケーションは一つのコードベースで開発され、最小限のソース変更で両方のプラットフォームに対応しました。 詳しくは、Nokia Developer Blog […]

Read More
Get started today with Qt Download now