Monthly Archives: May

Qt Creator 2.2 リリース

Published Monday May 9th, 2011 | Comments Off on Qt Creator 2.2 リリース
Posted in Qt Creator, ニュース | Tags: ,

この記事は Qt Blog の ”Qt Creator 2.2 released” を翻訳したものです。 執筆: André Pönitz 2011年5月6日 Qt Creator 2.2 のリリースをアナウンスできることをうれしく思います。 前回のリリース から10週間もたっていませんが、今回のリリースにはアップデートする価値のある多数の新機能やバグフィックス、改善が含まれています。 そのいくつかに注目してみましょう: Hugues Delorme による Bazaar バージョン管理システムサポートの追加 MSVC ツールチェインのデバッグサポート全体の再設計により、大幅なスピードの改善と Qt Coreator 自体のバイナリに依存せず 32bit および 64bit バイナリのデバッグが可能になりました。 MIME 型ベースのファイルとエディタの対応設定の追加(オプション(環境設定)の→「環境」→「MIME タイプ」を見てください) Nicolas Arnaud-Cormos によるテキストエディタでのマクロの保存と再生機能の追加 エディタにスニペット(コードテンプレート)設定を追加。C++ や QML 用のスニペットは既に設定済みです(オプション(環境設定)の「テキスト エディタ」→「スニペット」を見てください)。スニペットではプレースホルダ(テンプレート変数)をサポートしています。 外部ツールとの連携の設定機能を追加。Qt の翻訳ツールである lupdate や lrelease との連携に使用していますが、それに限定されるものではありません。 デバッガのツールチップをピン可能に Symbian のデバイス上でのデバッグエージェントである CODA […]

Read More

Qt 4.7.3 と Qt Mobility 1.1.3 がリリースされました

Published Friday May 6th, 2011 | Comments Off on Qt 4.7.3 と Qt Mobility 1.1.3 がリリースされました
Posted in Qt, Qt Mobility, ニュース | Tags: , ,

この記事は Qt Blog の “Qt 4.7.3 and Qt Mobility 1.1.3 have been released” を翻訳したものです。 執筆: Eckhart Köppen 2011年5月4日 Qt 4.7.3 と Qt Mobility 1.1.3 のリリースをアナウンスできることをうれしく思います。どちらのリリースも Qt および Qt Mobility の、特に Symbian プラットフォームにおける重大なバグを修正しており、 Qt SDK 1.1 ベータ版とリリース候補版のフィードバックを反映してあります。Qt Mobility 1.1.2 のリリースがどこに行ったのかとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、SDK のリリーステスト中に3つの問題が見つかったため、1.1.2 をスキップして 1.1.3 をリリースすることとしました。 Qt 4.7.3 と Qt Mobility 1.1.3 は Qt SDK 1.1 の一部としても利用可能です。Qt Mobility […]

Read More

Qt SDK 1.1 リリース

Published Friday May 6th, 2011 | Comments Off on Qt SDK 1.1 リリース
Posted in SDK, ニュース | Tags: ,

この記事は Qt Blog の “Qt SDK 1.1 released” を翻訳したものです。 執筆: Maurice Kalinowski 2011年5月4日 本日、Qt SDK 1.1 のリリースをアナウンスします。ここに至るまでは長い道のりでした。多くの方をお待たせすることとなってしまいました。リリースの詳細に入る前に、ダウンロード用のリンクを示しておきます: プラットフォーム オンラインインストーラ オフラインインストーラ Microsoft Windows 15MB 1,5GB Linux 32bit 23MB 687MB Linux 64bit 23MB 690MB Mac OS-X 12MB 680MB Forum Nokia の Web ページ からも入手できます。また、以前のバージョンの Qt SDK をインストール済みであれば、アップデート通知を受け取って、メンテナンスツールから全ての変更をダウンロードすることも可能です。 リリース候補版から正式リリース版までの細かな違いに言及するよりもむしろ、Nokia Qt SDK 1.0 と比べて Qt SDK 1.1 に含まれているものや主な改良点に焦点を当てさせてください。 このリリースは […]

Read More

QNetworkAccessManager での HTTP のスレッド化

Published Monday May 2nd, 2011 | Comments Off on QNetworkAccessManager での HTTP のスレッド化
Posted in リサーチプロジェクト | Tags: , ,

この記事は Qt Blog の “Threaded HTTP inside QNetworkAccessManager” を翻訳したものです。 執筆: Markus Goetz 2011年4月29日 みなさん、こんにちは。Markus です。これは Labs での私の初めての記事になります 🙂 少し前に QNetworkAccessManager が HTTP リクエストを別スレッドで動かすための変更を加えました。これについての詳細を求める声があったため、この記事を書きました 🙂 この背景には(WebKit1 をベースにした) QtWebKit の動作が関係します。ウェブブラウザは基本的にとても多くの処理を行います。HTML や CSS の解釈、JPEG や PNG の画像データの表示可能な形式へのデコード、ページのレイアウト、ユーザーからの入力への反応、素晴らしい Web 2.0(もう 3.0?)の世界の Javascript の実行などが必要です。 ネットワークの処理がブラウザ内で同じスレッドで動作している場合、上記の処理の実行中にはネットワークの処理は先に進みません。ネットワークをトレースしたところ、”synchronization points” と呼ばれる現象が起こっていました。これは QtWebKit がメインスレッドでビジー状態にありイベントループをブロックしているため、ネットワークのリクエストが送られないという現象です。最悪なケースでは HTTP サーバーが データの送信を停止します。特に、通常のデスクトップ PC よりも処理能力が低くネットワークのレイテンシが高い場合にこの傾向は強くなります(モバイル端末の世界へようこそ!)。 これに対する解決策はいくつかあります。 QtWebKit を別スレッドに移し、ネットワークをユーザースレッドに残す QNetworkAccessManager 全体を別スレッドに移す QNetworkAccessManager […]

Read More
Get started today with Qt Download now