Qt Creator 4.2 ベータ版リリース

Published Wednesday January 25th, 2017
Leave a comment
Posted in Qt Creator | Tags: ,

この記事は Qt Blog の「Qt Creator 4.2 Beta released」を翻訳したものです。

執筆: Eike Ziller, 2016年10月26日

本日 Qt Creator 4.2 のベータ版をリリースいたしました。

Qt SCXML Editor

Flat Dark Theme - Qt Creator 4.1

Qt SCXML は Qt の新しいモジュールで、State Chart XML からステートマシーンを構築し、Qt C++/Quick のアプリケーションに組み込むことが可能になります。概要は Overview を参照してください。この機能自体は Qt 5.7 にテクニカルプレビューとして含まれていましたが、5.8 では完全にサポートされる予定です。

Qt Creator 4.2 では SCXML のグラフィカルエディタ を(実験的に)追加しました。ステート、サブステート、トランジション、イベントとすべての種類のプロパティの編集に対応しています。このエディタは実験的な機能のため、プラグインはデフォルトでは無効になっています。試す場合は ヘルプ > プラグインについて… (macOS の場合は Qt Creator > プラグインについて) より有効にしてください。

Projects Mode

プロジェクトモードの作りを見直し、プロジェクトや様々な設定の選択の仕方を改善しました。これまでは2重のタブ形式になっていましたが、プロジェクトをドロップダウンで選択し、キットなどのカテゴリはツリー形式で表示するようにすることで、より使いやすい画面になりました。キットの有効化はツリー内の該当するキットをクリックするだけで可能になっています。なにか問題や改善点がありましたらバグトラッカーにてフィードバックをお願いします。

Qt Quick Designer

Qt Quick Designer には細かい改善が数多く追加されています。コネクションエディタには、C++ のバックエンドオブジェクト(documentation)を扱うために必要な import の管理とプロパティの宣言のセクションが新たに追加されました。(Qt Quick 2.6 で追加された)padding もサポートされました。また、State の when も編集可能になりました。

その他の新機能や改善点

QML のプロファイル時に、メモリの確保や使用量をフレームグラフとして表示する機能が追加されています。

ツール > 差分 > Diff Current FileDiff Open Files を追加し、Qt Creator で開いているファイルの更新の差分表示が可能になりました。

CMake のプロジェクトを開く際のパフォーマンスも改善し、定義済みのプロパティのオプションのサポートも追加されました。

これ以外にも様々な変更が含まれています。詳細は change log を参照してください。

Get Qt Creator 4.2 Beta

オープンソース版は Qt ダウンロードページ から、商用ライセンスをお持ちの方は Qt Account Portal から入手可能です。バグを見つけた際には是非 バグトラッカー にて報告をお願いします。IRC の chat.freenode.net の #qt-creator や Qt Creator のメーリングリスト 上でのコミュニケーションも大歓迎です。

Do you like this? Share it
Share on LinkedInGoogle+Share on FacebookTweet about this on Twitter

Posted in Qt Creator | Tags: ,

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Get started today with Qt Download now