Monthly Archives: June

Qt 5.9 LTS のパフォーマンスの改善

Published Monday June 19th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: ,

この記事は The Qt Blog の Performance Improvements with Qt 5.9 LTS を翻訳したものです。 執筆: Tuukka Turunen, 2017年5月31日 Qt 5.9 LTS では Qt Quick および QML のパフォーマンスが ARM 上の Linux 環境を中心に、劇的に改善されました。これまで QML のエンジンや Qt Quick の描画エンジン、QML コンパイラ、Qt Quick Controls などの領域でパフォーマンスの改善に力を入れてきました。パフォーマンスの改善は様々な領域に渡って大幅に改善しており、いくつかのアイテムでは一つ前の LTS Qt 5.6 と比較して数倍も高速になった部分もあります。 様々なプラットフォームにおいて、数々の最適化の効果を継続的に把握するために、いくつかのパフォーマンスのテストを定期的に実施しています。まだ自動化できていないテスト項目もありますが、これらの結果は testsresults.qt.io で公開しています。私たちは Qt がサポートしているすべてのプラットフォームや CPU アーキテクチャに対してパフォーマンスの改善に可能な限りの時間を割きたいと思っています。本記事では ARM 上での Linux は Qt 5.9 […]

Read More

Qt Creator 4.3.0 をリリースしました

Published Monday June 5th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt Creator | Tags: , ,

この記事は The Qt Blog の Qt Creator 4.3.0 released を翻訳したものです。 執筆: Eike Ziller, 2017年5月24日 Qt Creator 4.3.0 をリリースいたしました! Qt Quick Designer Qt Creator 4.3 では、コードエディタを Qt Quick Designer に統合しました。これにより、コードを書きながらプロパティエディタやナビゲーターを利用することが可能になりました。さらに GUI エディタの部分とコードエディタを分割し、GUI エディタの変更がどうコードに反映されるのかと、その逆の流れが分かるようになりました。もちろん、これまでどおりコードエディタのみを編集モードで利用することも可能です。 スタック系のコンテナのサポートの向上や基本アクション向けのツールバーの追加など Qt Quick Designer には多くの改善がなされました。詳細は Qt Quick Designer の新機能についてのブログ記事 をご覧ください。 CMake もし Qt Creator で CMake 3.7 以降を使っている場合、IDE 向けに CMake 3.7 に追加された サーバーモード […]

Read More

Qt Safe Renderer を用いた機能安全の実現

Published Monday June 5th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: , , ,

この記事は The Qt Blog の Functional Safety with the Qt Safe Renderer を翻訳したものです。 執筆: Tuukka Turunen, 2017年5月22日 この記事では Qt によるユーザーインターフェースと機能安全について、新しいアプローチを紹介します。Qt Safe Renderer により、リッチな GUI とセーフティクリティカルなシステムの共存の実現が簡単になります。車載や医療、産業オートメーションのような Qt が UI フレームワークとしてリードしている業界において、Qt の利用と共にセーフティクリティカルの要件を満たすことがより簡単になりました。 我々の機能安全に対するアプローチについては以前書いた「機能安全」の記事と「Qt を用いたシステムの認証取得」に関する記事をご覧ください。 認証取得可能なシステムの構築において、セーフティークリティカルな機能はシステムのその他の部分と分離されている必要があります。セーフティークリティカルな機能は、例えば認証済みのリアルタイムオペレーティングシステム(RTOS)を用いて自身のメモリ領域を保護されたプロセスとして分離することが可能です。これにより、セーフティークリティカルなシステムに必要な部分は以下の2つとなります。 UI のデザインワークフローを実現する認証済みのツール セーフティクリティカル部分の設計、コーディング、認証取得 この度開発をした Qt Safe Renderer は、セーフティクリティカルな UI のアイテムをデザインするためのツールと、その部分を描画する特別なソフトウェアを提供することで、Qt ベースのセーフティクリティカルシステムのこの2つの問題を解決いたします。 Qt Safe Renderer のツールでは、セーフティークリティカルの UI を Qt によるセーフティクリティカルシステムに容易に追加できるようになっています。警告灯などのセーフティクリティカルの UI エレメントを GUI […]

Read More

Qt 5.9 をリリースしました

Published Thursday June 1st, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: ,

この記事は The Qt Blog の Qt 5.9 released を翻訳したものです。 執筆: Lars Knoll, 2017年5月31日 Qt 5.9.0 を本日リリースいたしました。Qt 5.9 は Qt 史上、最高のバージョンになるよう、これまで開発を続けてまいりました。 Qt 5.9 では特に パフォーマンスと安定性の向上に力を入れてきました。バグの修正は Qt の隅々に渡って行われ、継続的な自動テストのインフラの改善も行いました。これにより、Qt 5.9 以降の Qt のリリースサイクルを(パッチレベルでもマイナーリリースでも)速く回すことができるようになりました。 また、テストのインフラにパフォーマンスの自動テストも追加し、パフォーマンスの向上を継続的に可視化できるようにしました。詳細は こちらのブログ記事 をご覧ください。 Qt Lite 向けに開発した新しい Qt のコンフィグレーションシステムにも様々なバグフィックスがなされました。詳細は こちらのブログ記事 をご覧ください。 長期サポート(LTS) Qt 5.9 を「長期サポート(LTS)」としたのは大きな決断の一つでした。前回の LTS である Qt 5.6 は時代遅れになり始めたところで、もっと新しいバージョンを長期的なプロジェクトのベースとして採用したいという要望が数多く寄せられていました。 Qt 5.6 以降、2000 以上のバグフィックスが Qt 全体に渡って行われてきました。Qt […]

Read More
Get started today with Qt Download now