Monthly Archives: May

Qt for WebAssembly テクノロジープレビューのベータ版

Published Thursday May 24th, 2018 | Leave a comment
Posted in Qt for WebAssembly | Tags:

この記事は The Qt Blog の Beta for Qt for WebAssembly Technology Preview を翻訳したものです。 執筆: Eskil Abrahamsen Blomfeldt, 2018年04月23日 WebAssembly はウェブブラウザ上での実行のためのバイトコードのフォーマットです。この技術に対応したブラウザを搭載した端末では、アプリケーションのデプロイがインストール等のステップなしに実現することが可能になります。アプリケーションはブラウザ内のセキュアなサンドボックスで実行されるため、デバイスの機能へのフルアクセスが必要のないアプリケーションでは簡単に素早くアプリケーションを実行できるメリットがあります。 Qt 5.11.0 のリリースに合わせて Qt for WebAssembly のテクノロジープレビュー版のリリースを予定しています。これにより、皆さんの Qt アプリがブラウザ上で動作させることが可能になります。 本日はベータ版のリリースで、Qt Account のダウンロードからソースコードを落とすことができます。このベータリリースに対するフィードバックをいただければと思います。 公式の wiki ページ には、開発環境のセットアップやパッケージのビルドに関する情報が記載されています。 不具合を見つけた際には バグレポート をお願いします。

Read More

Qt for Python があなたの身近なコンピューターにも

Published Thursday May 24th, 2018 | Leave a comment
Posted in Qt for Python | Tags:

この記事は The Qt Blog の Qt for Python is coming to a computer near you を翻訳したものです。 執筆: Harald Kjølberg, 2018年04月13日 みなさんの中には、いや、おそらくみなさんの多くは Qt が QMLや Qt Quick Controls、Qt Widgets といった技術を駆使して、素晴らしいユーザーインターフェースを作ることが可能な、素晴らしい C++ のフレームワークだということをご存知でしょう。ここで私が特に主張したいところは、C++ が今日世界中で使われているプログラミング言語の中でも特に幅広く使われているということで、それに対してマサカリを投げてくるような人はおそらくいないでしょう。Python 人口が急速に増えているということも、おそらく幅広く認知されている事実かと思います。で、この記事はなんの記事って思うでしょ?それは2分後のお楽しみです。 C++ と Python はどちらも素晴らしいプログラミング言語として、別々の分野で使われています。C++ はプログラミング界のスター・デストロイヤーで、すべての問題を破壊してくれる存在です。と、同時によく分かっていない人にとっては頭痛の原因にもなり得ます。このため、プログラミング界のミレニアム・ファルコンである Python を選択する方が便利なケースもあります。この場合はお姫様でも密輸団でも誰でも操縦ができ、オルデランからヤヴィンまで光速で移動が可能です。そして、クルー全員をスター・デストロイヤーから連れ出すにせよ、ミレニアム・ファルコンで 駆けずり回るにせよ、最新のユーザーインターフェースが欲しいでしょう。まさにそのスター・デストロイヤーとミレニアム・ファルコンの橋渡しのところこそがプログラミング界の R2-D2 である Qt が必要とされている場所になります。 Qt の Python バインディングの PySide2 はこの春、装いを新たに生まれ変わりました。Python アプリケーションで使われる Qt であることをちゃんと反映したかったため、Qt for […]

Read More

Qt Creator 4.6.1 をリリースしました

Published Thursday May 24th, 2018 | Leave a comment
Posted in Qt Creator | Tags: ,

この記事は The Qt Blog の Qt Creator 4.6.1 released を翻訳したものです。 執筆: Eike Ziller, 2018年05月03日 Qt Creator 4.6.1 をリリースいたしました! 今回は Android のサポートとClang コードモデル、CMake と QMake のプロジェクトに関連するいくつかの問題を修正しました。詳細は change log をご覧ください。 Qt Creator 4.6.1 のインストール オープンソース版は Qt のダウンロードページ より、商用版は Qt Account Portal より入手してください。Qt Creator 4.6.1 はオンラインインストーラーのアップデートでも入手可能です。不具合を見つけた方は バグトラッカー で報告をお願いします。IRC の chat.freenode.net の #qt-creator もしくは Qt Creator のメーリングリスト でもコンタクトが可能です。

Read More

Qt 5.11 をリリースしました

Published Wednesday May 23rd, 2018 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: ,

この記事は The Qt Blog の Qt 5.11 released を翻訳したものです。 執筆: Lars Knoll, 2018年05月22日 予定を少し前倒しして、本日 Qt 5.11 をリリースいたしました。いつもどおり、Qt 5.11 には多くの新機能が追加され、既存の機能に対する数多くのバグフィックスがなされています。この記事ではクールな新機能をいくつか紹介します。 Qt Core と Network Qt Core には小さな修正が大量になされました。例えば、ツール系のクラスに対しては右辺値参照のオーバーロードが追加され、STL との互換性で不足していた部分を改善いたしました。Qt のモデル系のクラスにもいくつかの新機能が追加されています。詳細は こちらのブログ記事 を参照してください。 Qt Network では、ALPN および HTTP/2 のネゴシエーションが iOS でもサポートされました。QNetworkRequest には最初のネゴシエーションなしに HTTP/2 接続を開始するための Http2DirectAttribute が追加されています。 Qt Core の大きな変更の1つは Unicode 対応です。今回 QChar、QString、QTextBoundaryFinder と、双方向テキストを Unicode 10 に完璧に対応させました。 Qt GUI […]

Read More

大手自動車メーカーがIVI(車載インフォテインメント)システムにQtを採用

Published Friday May 18th, 2018 | Leave a comment
Posted in ニュース | Tags:

この記事は News & Press の Qt selected for In-Vehicle Infotainment (IVI) Systems by leading automotive OEMs を翻訳したものです。 2018年5月18日 自動車業界では、ブランド差別化の手段としてソフトウェアへの注目が高まる中、要求の最も厳しい消費者にもアピールできると、Qt技術が選ばれています。 The Qt Companyは本日、同社の開発フレームワークが、ダイムラーAGのIVI(車載インフォテインメント)システムの新しいユーザーインターフェース(UI)基盤として採用されたことを発表しました。具体的には、メルセデスベンツAクラスに搭載されるIVIシステム「MBUX」(Mercedes-Benz User Experience)に使用されます。MBUXの一部として、Qt技術は車内でのデジタル体験を次なる段階へと引き上げます。 車内に装備されるディスプレイの数はますます増加しており、車の全体的なユーザー体験を構築する上で必要不可欠な存在になっています。実際、ドライバーをはじめとするユーザーの期待値は、車両のエンジン性能はもちろんですが、デジタルユーザー体験に対しても非常に高まっています。デジタル体験は、車載情報システムと、モバイルやクラウドベースのサービスを組み合わせて提供されます。そして自動車メーカー各社がブランド固有の体験を構築する際には、最先端のIVIシステムが中心的な役割を果たします。 自動車メーカー各社は、毎年グローバルに販売する何百万台もの車に搭載するIVIシステムのUIを高度にカスタマイズするため、より専門的なコーディングフレームワークを求めています。さらにソフトウェアプラットフォームがスケーラブルなものであれば、ソフトウェアのセキュリティを確保し、ソフトウェアが常に最新版であることが可能となります。これらの要件を備えたQtのクロスプラットフォームフレームワークは、UIの高速開発を可能にし、次世代車の市場投入までの期間短縮を加速化します。 The Qt Companyのエグゼクティブバイスプレジデント、Juhapekka Niemiは次のように述べています。「素晴らしいユーザー体験には、素晴らしいユーザーインターフェースが必要です。数多くの大手自動車メーカーや一次サプライヤーが、簡単なローエンドのソリューションから、あらゆるイノベーションを盛り込んだフラグシップモデルまで、自社のIVIにQt技術を選んでいることを心から嬉しく思います。最近追加された機能安全や3D技術により、Qt技術だけで完全なデジタルコックピットを作ることが可能になりました。開発フレームワークをプロフェッショナルなサービスサポートと組み合わせて提供することで、私たちは自動車メーカーの皆様の新たなシステム開発の効率化・合理化をお手伝いします。お客様が期待する品質の最高水準を満たし、さらに超えていくような、高い応答性と機能豊富なUIの開発で、自動車メーカーの皆様と今後もイノベーションに取り組んでいきたいと考えています。」 Qtの統合開発フレームワークでは、一つのフレームワークの下、車内のすべての画面が統一されたツールチェーンで扱われるため、自動車メーカーが一次サプライヤー、ソフトウェア開発業者と共に行うUI開発による成果を、将来にわたっても継続的に利用できます。 リリースに関するお問い合わせ: The Qt Company 担当:廣田、佐藤 TEL:03-6264-4500 japan@qt.io 10Fold for The Qt Company: Webbo Chen, 415-800-5367 qt@10fold.com The Qt Company: Virpi Raski, Head of Communications, […]

Read More
Get started today with Qt Download now