カスタムエレメント

QML と Qt for Python の連携

Published Saturday September 8th, 2018 | Leave a comment
Posted in Qt for Python | Tags: , ,

この記事は The Qt Blog の QML and Qt for Python interaction を翻訳したものです。 執筆: Friedemann Kleint, 2018年05月14日 QtWidgets というデスクトップのアプリケーション向けの UI 技術に加え、Qt は QML という UI 技術も提供しています。 今回は、Qt for Python で QML をどう使うのかを、declarative/extending/chapter3-bindings を基に大まかに説明をしたいと思います。 まず初めに、.qml ファイルをロードするための基本的な型を見てみましょう。QGuiApplication と QQuickView のインスタンスを生成します。 QML のエレメントがビューのサイズに追従するよう、resizeMode プロパティに SizeRootObjectToView を設定します。 app = QGuiApplication(sys.argv) view = QQuickView() view.setResizeMode(QQuickView.SizeRootObjectToView) その後、ビューの setSource メソッドを使用して QML のロードを行います。 QML […]

Read More
Get started today with Qt Download now