キャッシュ

QML コンパイラパイプラインの最適化

Published Tuesday September 18th, 2018 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: , , , , , ,

この記事は The Qt Blog の Optimizing the QML compiler pipeline を翻訳したものです。 執筆: Lars Knoll, 2018年05月22日 Qt QML は Qt Quick でユーザーインターフェースを構築する際のプログラミング言語である QML を実行するためのエンジンです。Qt QML 自体には描画機能に関する依存が一切ありません。このモジュールでは、QML 言語のサポートに加え、ECMAScript 5.1 に準拠した JavaScript のエンジンを提供しています。 Qt Quick というユーザーインターフェース技術の基礎を提供するこのモジュールは、Qt のユーザーに向けた核となるものです。内部的には主に2つの要素で構成されています。QML と ECMAScript をバイナリデータ構造とバイトコード/アセンブリにコンパイルするためのコンパイラパイプラインと、そこで生成されたコードを実行するためのランタイムです。今回の記事は前者についてのものになります。 5.10 まで利用していた Qt QML のコンパイラパイプラインはここ数年の Qt のアップデートでとても複雑になってしまいました。 以下の図は簡易化した以前のコンパイラパイプラインを示したものです。 まず QML と JavaScript のコードを 字句解析器(Lexer) と 構文解析器(Parser) に送り、抽象構文木(AST) というコンパイル用のコードに変換します。この […]

Read More

Qt 5.9 でのシェーダーバイナリのキャッシュによるパフォーマンスの改善

Published Wednesday April 5th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: , , ,

この記事は The Qt Blog の Boosting performance with shader binary caching in Qt 5.9 を翻訳したものです。 執筆: Laszlo Agocs, 2017年3月23日 Qt 5.9 のリリースが近づいてきました。というわけで、Qt Quick (および OpenGL を利用した QPainter の描画)のベースとなっている OpenGL の重要な部分に関して行った、わずかですが非常に便利な改善について紹介したいと思います。 Qt 5.9 のドキュメントのスナップショットを見た方の中には 由緒正しい QOpenGLShaderProgram に追加されたいくつかの機能 に気づいた方もいるかもしれません。これは Qt の内部で利用していた API がこの新しい API になりました。これは実際どういうものでしょうか? ここで説明しているように、これらのシェーダープログラムのバイナリが GL_ARB_get_program_binary もしくは OpenGL ES 3.0 の同様の標準機能を用いてディスクに保存されるようになります。ドライバがこの機能を提供していない場合には、キャッシュがない場合と同様の動作になります。キャッシュファイルは書き込み可能な キャッシュ用の場所 に、グローバルもしくはプロセスごとに生成されます。これにより、2回目以降に同じシェーダーのプログラムが使われる場合のパフォーマンスが大幅に改善されます。 実際にどの程度の改善になるでしょう?これは一概にはなんとも言えません。ここ数年、このようなキャッシュを行うようになったドライバもありますし、パイプラインに似たような機能が実装されているドライバも世の中には存在しますが、現時点で市場に出回っているデバイスでは非常に大きな効果がありました。 ここで実際の数値は気にしないでください。重要なポイントは Qt […]

Read More
Get started today with Qt Download now