エディタ

Qt Creator エディタニュース

Published Monday October 17th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt Creator | Tags: ,

この記事は Qt Blog の “Qt Creator editor news” を翻訳したものです。 執筆: ckamm, 2011年09月28日 先日 Qt Creator 2.3.0 を リリース してからは、そのバグ修正や新機能の開発などを master ブランチ で活発に行っています。C++ および QML/JS エディタにいくつかの面白い機能が開発されていますので、紹介してみたいと思います。 C++ 現在、C++ のコードモデルを独自実装から clang を用いたものに変更することを検討しています。テスト用のブランチを公開するには、まだもう少しやらなければならないことがあります。この件については後日別の記事でお伝えします。 2.3 で導入された コードスタイルの設定用ページ は組み直され、プリセットされたいくつかのコードスタイルに簡単に切り替えられるようになりました。設定のインポート・エクスポートにも対応し、チームで共有しやすくなりました。 関数の宣言と定義を同期させるための新機能を実装しました。関数のシグネチャが編集されるときに、対応する宣言もしくは定義が見つかるかをチェックします。対応するコードが見つかり変更が適用できる場合には、その関数の終わりに小さな電球マークを表示します。 quick fixes (Alt + Enter) を開いて(もしくは右クリックからリファクターの下の) ‘Apply function signature changes’ を選択すると、同じ修正を対応するコードに適用します。 以前の「宣言から定義を挿入」機能に満足できずに使わなくなった方は、是非もう一度試してみてください。定義は以前よりも自然な位置(ファイルの最後ではなく、直前の宣言に対応する定義の直後)に置かれるようになり、修飾子を最適化することで(必ずすべてを展開していた以前)よりも見やすくなりました。

Read More
Get started today with Qt Download now