Qt Contributors’ Summit

Qt Contributors Summit 2012 参加レポート

Published Tuesday July 3rd, 2012 | Leave a comment
Posted in イベント | Tags: , , , ,

6月21日から3日間、ドイツのベルリンで、Qt Contributors Summit 2012 が開催されました。 昨年に引き続き 2回目の開催となった今回のサミットは、Nokia のほか、Blackberry を製造販売している Research In Motion や Ubuntu の開発元である Canonical など、様々なスポンサー の協力によって開催されました。 今年の会場はベルリン市内の Kalkscheune という場所でした。産業革命の時代にベルリンで最初に建設された工場で、その後様々な変遷を経て現在はイベントスペースやコンサート会場として利用されているそうです。 キーノート 初日は Qt Project のチーフメンテナー Lars Knoll のキーノートで幕を開けました。 昨年の5月に Qt 5 に関する構想 を書いて以来、Qt 5 の開発が順調に進んでいること、2011年の秋に Qt Project をスタートして以来、このプロジェクトが健全に運営されていることに加え、Qt Contributors Summit 2012 の開催の直前に Nokia の大きなアナウンスがあり、Qt は Nokia の Next Billion 戦略の一部ではなくなりましたが、Qt 自体の開発はまだしばらくは続けて行くことなど、最近の Qt や今年の第3四半期にリリース予定の Qt 5 […]

Read More

Qt Contributors’ Summit 参加レポート

Published Wednesday July 6th, 2011 | Leave a comment
Posted in イベント | Tags: , , , ,

6月16日から18日にかけてドイツのベルリンで開催された Qt Contributors’ Summit に参加してきました。 Qt Contributors’ Summit とは 今回が初の開催となる Qt Contributors’ Summit とは、その名の通り Qt に貢献する人たちが集まる会議です。これは Qt 5 や オープンガバナンス への移行に関連して、その開催が決定されました。Qt に関連した大きなイベントとなると毎年ミュンヘンとサンフランシスコで開かれている Qt Developer Days がありますが、そちらが Qt に関わる全ての人たち向けのイベントだとすると、こちらは Qt それ自体の開発や発展に関わりたい人たち向けのイベントになります。 全体の参加人数としては昨年ミュンヘンで1000人を超えた Dev Days の方が多いのですが、Troll 達の参加人数は今回のサミットが上回り、全体の参加者250名の半分弱である約100名が Troll と Nokia 社員でした。残りは Digia, ICS, KDAB といったパートナーや Accenture, Intel 等の企業、KDE, MeeGo, INdT といったコミュニティ等からの参加でした。とはいえ、KDE 等のコミュニティのメンバーは Troll やパートナーのメンバーであることも少なくないため、だれがどういった立場で参加しているかは単純ではありませんが。 サミットの詳しい情報は wiki にありますので、是非そちらも参照してください。トピックリスト […]

Read More

オープンガバナンスにおける役割とその責任

Published Thursday June 30th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: ,

この記事は Qt Blog の “Open Governance Roles and Responsibilities” を翻訳したものです。 執筆: Thiago Macieira, 2011年5月20日 先日の「成熟レベル一覧」という記事と、その前の「成熟レベル」で Qt のコードの各パーツのメンテナに何が期待されるのかを示唆しました。この記事では Qt のオープンガバナンスで働く人々に期待していること、どのような役割が存在し、そのそれぞれにどのような責任があるのかを詳しく説明しようと思います。 簡単に言うと、3つのレベルだけになるでしょう。 Contributor(貢献者) Approver(承認者) Maintainer(メンテナ) “Chief Maintainer”(チーフメンテナ)の存在は四番目のレベルではありません。詳しくは後述します。 外部からのインスピレーション Qt Open Source プロジェクトでは、非常にフラットかつシンプルな構成を望んで、そのアイデアを練り始めました。メーリングリストでの議論はとても興味深く、初期には “board” もしくは “oversight committee” と呼ばれていた構成がありました。(初期に私が作成した資料には、「スパイ映画や番組で使われるような陳腐で無意味な名前 − 例えば、理事会、監督団体、本部等 − を見つけよう」という提案もありました。)しかし、最終的にはそれらではなく、成功している既存の巨大なオープンソースプロジェクトを参考にすることにしました。 我々が特に参考にしたのは WebKit と Linux kernel の二つのプロジェクトです。双方のプロジェクトには利点も欠点もあり、どちらもそのまま Qt に当てはめることは出来ないと考えました。Qt ではそれぞれの良いところを組み合わせたいと考えました。信用に基づくネットワークと分散開発を利用したいと思いましたが、新規の貢献者と最終的なリポジトリとのホップ数は出来るだけ小さくしたいとも思いました。また、Qt には品質を保証するための非常にアグレッシブなデグレードテストと継続的インテグレーション(CI)システムがあります。 ここで紹介するモデルは長い間議論され、やがて Robin Burchell と私の間の長い IRC セッションを通じて形になったものです。全ての結論は […]

Read More

Qt Contributors’ Summit

Published Wednesday June 15th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt, イベント | Tags: , , , ,

この記事は Qt Labs Blog の “Qt Contributors’ Summit – Last Minute Updates” をもとに加筆したものです。 今週 16~18日にドイツ・ベルリンにて Qt Contributors’ Summit を開催します。これは、Qt に貢献している方々が世界中から集まり Qt の将来の方向性や開発体制についての議論をするための初めてのイベントです。 アイデアとしては、状況に合わせて変化する アンカンファレンス形式 (一部のセッションはもっと構成されていますが)で行います。トピックを公募しており、参加者による提案でアドホックセッションも行えるように十分なスペースを用意しています。 参加者の方々にイベントに向けてご提案頂いたトピックは the Qt Developer Network にて公開されていますが、Qt 5 と オープンガバナンス が主なトピックとなります。本当に素晴らしい議論になりそうで、火花が散るのを見るのが待ちきれません。タイムテーブルは こちら で公開されており、メインルーム GEO でのセッションは撮影され後日公開を予定しております。 さて、今我々の Community Manager である Alexandra はイベントの最後の準備に追われていますが、部屋はもう満杯だそうです。締め切り前に登録して頂いた方々のおかげで、十分な部屋・席・食事等の計画を立てることができ、また、たっぷり水増しはしていたそうです。それでも、土壇場のリクエストに圧倒されている状況の中ですでに定員ギリギリとなっていますので、かなり熱いイベントになるかと思います。 ひとつ残念なお知らせです。実際にオープンガバナンスをローンチしリポジトリを公開するために本当にハードに頑張っていますが、今回は「まだローンチ出来ません。」と答えるしかありません。複雑な作業で、悪い影響が後で出ないようにしたいと思っています。要するに、今回のイベントではオープンガバナンスはローンチされません。しかし、我々は本気でやろうとしていますし、早く解決したいとも望んでいます。 尚、今回のイベントには Qt コミュニティの方々に加えて世界中からたくさんの Trolls も参加する予定で、その数の多さでは DevDays 以上かも知れません。日本の Trolls も参加する予定ですので、Twitter アカウント @qtjapan @qtbynokia をフォローしておいて下さい。もしかしたら、16日10:00 […]

Read More

Qt 5 に関する構想

Published Thursday May 12th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: , , ,

この記事は Qt Blog の “Thoughts about Qt 5” を翻訳したものです。 執筆: Lars Knoll 2011年5月9日 Qt 4.0 は約6年前の2005年の6月にリリースされました。この6年でソフトウェア業界には様々な変化がありました。以前はほとんどのアプリケーション開発がデスクトップシステムに対して行われていましたが、今では Web に繋がるモバイルデバイスが大幅に増えました。ユーザーインターフェースのテクノロジーはウィジェットによる静的なものから、タッチインターフェースベースの動的なものへと変化しています。Qt 4.0 のリリース以後、開発のニーズを満たすために7つの Qt のマイナーバージョンをリリースしてきました。その一例が Qt Quick のリリースです。Qt ユーザー層の拡大に伴って、組み込みおよびモバイルアプリと UI の開発者から強力な支持と新たなニーズを抱くこととなりました。 また、将来的に複数の産業に渡り Qt が業界をリードする最先端の開発フレームワークとして幅広く利用されるようになるには、 Qt 自身をリフレッシュし続けることが必要です。Qt 4 は進化してきました。その上で、技術的な観点から将来のバージョンの Qt がどのようにあるべきかを考えています。この数年の間に、次のメジャーリリースに向けた基礎を築き続けてきました。Qt Quick、QML Scenegraph や Lighthouse プロジェクトがあり、またより注目が増してきた Qt WebKit を組み合わせて、それらを基礎とした計画の元に Qt の新たなメジャーリリースへと動き始めます。 今後の数ヶ月で Qt はオープンガバナンスへと移行します。そこで議論の基点として、私の考える Qt 5 の技術的なアーキテクチャを Qt のコミュニティと共有したいと思います。 […]

Read More
Get started today with Qt Download now