Qt Creator 4.3

Qt Creator 4.3.1 をリリースしました

Published Monday July 3rd, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt Creator | Tags:

この記事は The Qt Blog の Qt Creator 4.3.1 released を翻訳したものです。 執筆: Eike Ziller, 2017年6月30日 Qt Creator 4.3.1 を本日リリースいたしました。このバージョンに向けて様々なバグの改善がなされています。 一番重要なところでは、コード補完のメモリリークを修正しました。主に32ビットの Windows 環境で、長時間利用時にメモリ不足を引き起こしていました。それから、CMake まわりで iOS 10.3 デバイスでのアプリケーションの実行やプロジェクトツリー関連のリグレッションの修正など、様々な改善がなされました。 様々な改善の詳細については change log をご覧ください。 Qt Creator 4.3.1 を入手しよう オープンソース版は Qt のダウンロードページ から、商用版をお使いの方は Qt Account Portal からダウンロードが可能です。また、オンラインインストーラー経由のアップデートも可能です。なにか不具合を見つけた方は バグの報告 にご協力ください。IRC の chat.freenode.net の #qt-creator や Qt Creator のメーリングリスト でのコンタクトも大歓迎です。

Read More

Qt Creator 4.3.0 をリリースしました

Published Monday June 5th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt Creator | Tags: , ,

この記事は The Qt Blog の Qt Creator 4.3.0 released を翻訳したものです。 執筆: Eike Ziller, 2017年5月24日 Qt Creator 4.3.0 をリリースいたしました! Qt Quick Designer Qt Creator 4.3 では、コードエディタを Qt Quick Designer に統合しました。これにより、コードを書きながらプロパティエディタやナビゲーターを利用することが可能になりました。さらに GUI エディタの部分とコードエディタを分割し、GUI エディタの変更がどうコードに反映されるのかと、その逆の流れが分かるようになりました。もちろん、これまでどおりコードエディタのみを編集モードで利用することも可能です。 スタック系のコンテナのサポートの向上や基本アクション向けのツールバーの追加など Qt Quick Designer には多くの改善がなされました。詳細は Qt Quick Designer の新機能についてのブログ記事 をご覧ください。 CMake もし Qt Creator で CMake 3.7 以降を使っている場合、IDE 向けに CMake 3.7 に追加された サーバーモード […]

Read More

Qt Creator 4.3 ベータ版をリリースしました

Published Monday April 10th, 2017 | Leave a comment
Posted in Qt Creator | Tags: , ,

この記事は The Qt Blog の Qt Creator 4.3 Beta released を翻訳したものです。 執筆: Eike Ziller, 2017年3月30日 本日 Qt Creator 4.3 のベータ版をリリースいたしました。 Qt Quick Qt Quick Designer で QML のコードエディタが利用可能になりました。これによってプロパティエディタやナビゲーターに加えソースコードによる編集も可能になりました。分割ビューで編集している場合には、編集結果がすぐに反映されるでしょう。グラフィカルエディタ側には StackedLayout や SwipeView のようなコンテナのサポートや一般的なアクション用のツールバー、HiDPI ディスプレイのサポートが追加されました。 QML プロファイラを利用して Qt Quick アプリケーションのプロファイリングを行う際に QML のコードエディタから直接パフォーマンス関連の情報を見ることも可能になりました。プロファイラ自体も様々なパフォーマンスの改善がなされています。 CMake Qt Creator で CMake 3.7 以降のバージョンを使う場合、CMake 3.7 で導入されたサーバーモードの利用が可能になりました。これにより、これまでジェネレータや Makefile を解析して取得していた情報以上のプロジェクト構成に関するより詳細な情報を取得することが可能になりました。これによりプロジェクト内のプロダクトやターゲットを個別にビルドすることができるようになりました。 CMake のバージョンに関わらず、プロジェクトファイルに明記されていないヘッダファイルもプロジェクトツリーに表示するようにしました。これまでの CMake プロジェクトのインポートに加え、CMake […]

Read More
Get started today with Qt Download now