Qt Creator

Gerrit が Qt Creator プロジェクトに参加しました!

Published Thursday July 14th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt Creator | Tags: , ,

この記事は Qt Blog の “Gerrit joined the Qt Creator project!” を翻訳した物です。 執筆: Kai Köhne, 2011年5月23日 Qt Creator の開発に新しく参加した Gerrit を暖かく歓迎してあげてください。彼をご存じありませんか? Qt Creator の git リポジトリのコミットに以下のような行を書いているのが彼です。 Change-Id: I8364167d5be3e7c361b192318b0bba7fb70d0f2f Reviewed-on: http://codereview.qt.nokia.com/9 というのも、先週から Qt 内部の git サーバーを Gerrit ベースのものに置き換えて、全てのコミットのレビューに使用しているのです。 それは記事にするほどのことなのでしょうか。実は Gerrit の利用はオープンガバナンスに触れることの出来る最初の一歩なのです。以前からパッチをレビューする際の情報の伝達方法(IRC 上で pastebin.com やEメールを併用しての議論)が、様々な技術知識、異なるタイムゾーンと文化を持つ人々に合っていないというのが明らかでした。そのため、opengov@qt-labs.org ではコードレビューツールの必要性が議論されていました。その他の選択肢(例えば、Crucible)も評価しましたが、Gerrit が我々の目的に最も近いツールでした。Qt Creator は Gerrit をフル活用する最初の Qt のプロジェクトです。 すぐに皆さんも新しいパッチをチェックしてコメントできるようになります。また、Qt Contributors Agreement に承諾したあとにはレビュー用のパッチを投稿できるようにもなります。これは Thiago […]

Read More

Qt Creator 2.2.1 リリース

Published Friday June 24th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt Creator, ニュース | Tags: ,

この記事は Qt Blog の “Qt Creator 2.2.1 released” を翻訳したものです。 執筆: Eike Ziller 2011年6月21日 ここ6週間の間 Qt Creator IDE の 2.2 ブランチの中には、かなりの数のバグの修正が積み重なってきたため、これらを使用できるようにすることにしました。今日の Qt SDK のパッチリリースのタイミングに合わせたため、修正点はあまり多くはありません。というわけで、本日 Qt Creator 2.2.1 のリリースをみなさんにプレゼントします。 誤解の無いようにしておくと、ごく限られている期間でのパッチリリースなので、今回は 30 程度の変更しか含まれていません。以下にいくつか変更点をあげます。 スタティックな mingw ライブラリの ABI の検知の修正 CDB でのデバッグに関する修正をいくつかと、その他のデバッグ関係の修正が少し QML の import の解決と Mobility 型の説明に対する修正 翻訳の修正 Qt Creator 2.2.1 のダウンロード Qt SDK 1.1.2 のダウンロード

Read More

インデントの設定が新しくなりました

Published Friday June 10th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt Creator | Tags: ,

この記事は Qt Blog の “New indenter settings” を翻訳したものです。 執筆: Jarek Kobus 2011年5月26日 数日前に、新しいインデントの設定が Qt Creator のマスターリポジトリにマージされました。この新しいインデントの設定についての解説をします。 グローバルなコーディングスタイルの設定 C++ のインデントでは、(クラス、メソッド、ブロック、名前空間のそれぞれで)内容をどのようにインデントするのかと、(クラス、名前空間、enum、メソッド、ブロックの)閉じ括弧をどのようにインデントするかを選ぶことができます。switch 文とその内容についてはより細かい設定ができるようになっています。また、複数行にまたがる場合のアライメントの振る舞いも設定できます。 新しい C++ のインデントの設定はオプションダイアログ(Mac では環境設定)の “C++” のカテゴリの下の “Code Style” タブの中にあります。さらに、タブの設定が “General” タブの中にあり、C++ エディタのみの設定を行うことが可能です。もしくは、グローバルな設定を C++ でも使用する選択も可能です(デフォルト)。オプションの変更は直ちにプレビューに反映されるため、この場でテストをすることも可能です。 プロジェクトのコーディングスタイルの設定 プロジェクト毎に C++ のコーディングスタイルを設定したい場合もあるでしょう。「プロジェクトの設定」ではグローバルな設定を上書きすることができます。グローバルな設定で問題ない場合には、この設定は必要ありません(デフォルトでは無効です)。プロジェクトのコーディンングスタイルを変更するためには、「プロジェクト」モードに切り替えて、上部のタブの中から設定したいプロジェクトのタブを選択し、”Code Style Settings” を選択してください。”Use global C++ settings” のチェックボックスのチェックを外すと、そのプロジェクトに対するコーディングスタイルの設定が変更可能になります。さらに、”General” タブの “Settings” のコンボボックスではどのタブの設定がプロジェクトの C++ のコードに対して使用されるのかを選択することが可能です。”Custom” を選択して独自の C++ のタブの設定をすることができますし、”Global text editor” […]

Read More

Qt をはじめよう! 第18回: タブオーダーを設定しよう

Published Tuesday May 10th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt をはじめよう! | Tags: , ,

前回 はアクセスキーの設定について学びました。今回はタブオーダーです。 タブオーダーとは デスクトップで動くアプリケーションではフォーカス可能なウィジェット間を移動するために(Shift+)タブキーが使用されます。Qt ではタブキーを押した際にどのウィジェットへフォーカスを移すかを設定することが可能で、この順番をタブオーダーと呼びます。 Qt ではデザイナを使用してウィジェットを配置した場合でも、ソースコードでウィジェットを配置した場合でも、これらのウィジェットのタブオーダーは自動的に割り振られるため、あまり意識する必要はありません。 しかし、画面が複雑な場合や、後で画面のレイアウトを変更した際などに、タブオーダーがずれてしまったり、自動的に割り振られる順番が理想的ではないこともあります。今回はこのタブオーダーを明示的に指定する方法について学びましょう。 フォームの作成 タブオーダーの設定の準備として以下のようなフォームを作成しましょう。 左側のレイアウトは以下のウィジェットを FormLayout でまとめたものです。 Label text を “Search &for” に変更 LineEdit Label text を “Replace &with” に変更 LineEdit CheckBox text を “&Case sensitive” に変更 “Search for:” と “Replace with:” では 前回 学んだ Buddy の設定もそれぞれの右側にある LineEdit に対して行っています。 右側のレイアウトは以下のウィジェットを垂直に並べたものです。 PushButton text を “&Find” に変更 PushButton text を “&Replace” […]

Read More

Qt Creator 2.2 リリース

Published Monday May 9th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt Creator, ニュース | Tags: ,

この記事は Qt Blog の ”Qt Creator 2.2 released” を翻訳したものです。 執筆: André Pönitz 2011年5月6日 Qt Creator 2.2 のリリースをアナウンスできることをうれしく思います。 前回のリリース から10週間もたっていませんが、今回のリリースにはアップデートする価値のある多数の新機能やバグフィックス、改善が含まれています。 そのいくつかに注目してみましょう: Hugues Delorme による Bazaar バージョン管理システムサポートの追加 MSVC ツールチェインのデバッグサポート全体の再設計により、大幅なスピードの改善と Qt Coreator 自体のバイナリに依存せず 32bit および 64bit バイナリのデバッグが可能になりました。 MIME 型ベースのファイルとエディタの対応設定の追加(オプション(環境設定)の→「環境」→「MIME タイプ」を見てください) Nicolas Arnaud-Cormos によるテキストエディタでのマクロの保存と再生機能の追加 エディタにスニペット(コードテンプレート)設定を追加。C++ や QML 用のスニペットは既に設定済みです(オプション(環境設定)の「テキスト エディタ」→「スニペット」を見てください)。スニペットではプレースホルダ(テンプレート変数)をサポートしています。 外部ツールとの連携の設定機能を追加。Qt の翻訳ツールである lupdate や lrelease との連携に使用していますが、それに限定されるものではありません。 デバッガのツールチップをピン可能に Symbian のデバイス上でのデバッグエージェントである CODA […]

Read More

Qt をはじめよう! 第17回: アクセスキーを設定しよう

Published Thursday April 21st, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt をはじめよう! | Tags: , ,

前回 は GUI デザイナ上での独自シグナル/スロットの接続と、シグナルから直接スロットを作成する機能を学びました。今回はウィジェットのアクセスキーの設定についてです。 アクセスキーとは Windows や Linux のアプリケーションではメニューやボタン、入力エリアなどに対してキーボードを使用してアクセスするために「アクセスキー」と呼ばれる機能が使われます。一般的にはメニューの「ファイル(F)」やボタンの「OK」のように1文字のアルファベットに下線がついたもので、キーボードで Alt キー+そのアルファベットを押した場合にそのウィジェットにフォーカスがあたます。ウィジェットによってはそれに伴う処理(メニューを開く、ボタンを押すなど)が起こることもあります。 ファイルの保存に対する「Ctrl+S」のような機能に割り当てられる「ショートカットキー」とは異なり、アクセスキーは主にあるウィジェットにフォーカスを移す目的で用いられます。 なお、Mac にはこのような習慣がないため、Qt で UI を作成する際にアクセスキーの設定を行っても無効になります。Mac 用のアプリケーションの開発にのみ興味がある人は今回は読み飛ばしていただいてもかまいません。ただし、Qt の API のみで書かれたアプリケーションは他のプラットフォームでも動作することから、クロスプラットフォーム対応として、アクセスキーの設定を行うことを推奨します。 Windows 7 ではデフォルトではアクセスキーの下線が表示されません。一度 Alt キーを押すことで下線を表示できます。常に下線を表示したい場合には「キーボードを使いやすくする」の「ショートカット キーとアクセス キーに下線を表示します」の設定を行ってください。 直接アクセスキーの設定ができるウィジェット メニューやボタンなどのそれ自体に文字を表示するウィジェットでは、表示する文字の中のアルファベットの前に「&」をつけることでその直後のアルファベットをアクセスキーとして設定することができます。 まず準備として以下のようにフォームを作成してみましょう。

Read More

Qt をはじめよう! 第17回: アクセスキーを設定しよう

Published Thursday April 21st, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt をはじめよう! | Tags: , ,

前回 は GUI デザイナ上での独自シグナル/スロットの接続と、シグナルから直接スロットを作成する機能を学びました。今回はウィジェットのアクセスキーの設定についてです。 アクセスキーとは Windows や Linux のアプリケーションではメニューやボタン、入力エリアなどに対してキーボードを使用してアクセスするために「アクセスキー」と呼ばれる機能が使われます。一般的にはメニューの「ファイル(F)」やボタンの「OK」のように1文字のアルファベットに下線がついたもので、キーボードで Alt キー+そのアルファベットを押した場合にそのウィジェットにフォーカスがあたます。ウィジェットによってはそれに伴う処理(メニューを開く、ボタンを押すなど)が起こることもあります。 ファイルの保存に対する「Ctrl+S」のような機能に割り当てられる「ショートカットキー」とは異なり、アクセスキーは主にあるウィジェットにフォーカスを移す目的で用いられます。 なお、Mac にはこのような習慣がないため、Qt で UI を作成する際にアクセスキーの設定を行っても無効になります。Mac 用のアプリケーションの開発にのみ興味がある人は今回は読み飛ばしていただいてもかまいません。ただし、Qt の API のみで書かれたアプリケーションは他のプラットフォームでも動作することから、クロスプラットフォーム対応として、アクセスキーの設定を行うことを推奨します。 Windows 7 ではデフォルトではアクセスキーの下線が表示されません。一度 Alt キーを押すことで下線を表示できます。常に下線を表示したい場合には「キーボードを使いやすくする」の「ショートカット キーとアクセス キーに下線を表示します」の設定を行ってください。 直接アクセスキーの設定ができるウィジェット メニューやボタンなどのそれ自体に文字を表示するウィジェットでは、表示する文字の中のアルファベットの前に「&」をつけることでその直後のアルファベットをアクセスキーとして設定することができます。 まず準備として以下のようにフォームを作成してみましょう。

Read More

Qt Creator 2.2 RC リリース

Published Wednesday April 20th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt Creator, ニュース | Tags: , ,

この記事は Qt Blog の “Qt Creator 2.2 RC released” を翻訳したものです。 執筆: Eike Ziller 2011年4月19日 四週間前のベータ版のリリース以来、このリリースのためにソフトウェアに潜むバグの発見と修正に全力を尽くしてきました。ああ、春はついにやってきました。今週、ベルリンの気温は20度になりました 🙂 。ベータ版のリリースでは既に全機能を実装していました。ベータ版を試していない方は Qt Creator 2.2 ベータリリース の記事で概略がわかります。ベータ版のリリース以後に修正された(私の視点から)注目すべきバグは、Qt Creator の ABI 検出に関するいくつかのものです。しかし、重要度では勝るに劣らないバグが多数修正されています(たとえば、QML デバッガ、Qt Quick デザイナ、Maemo サポート、等々)。 Qt SDK 1.1 RC (Qt 開発のオールインワンパッケージ) を使用されている方々は、いつ Qt Creator 2.2 が SDK に含まれるのかを知りたいことでしょう。Qt SDK 1.1 は Qt Creator 2.1 でリリースされますが、SDK と Qt Creator 2.2 のリリース後まもなく、Qt […]

Read More

Qt Creator 2.2 RC リリース

Published Wednesday April 20th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt Creator, ニュース | Tags: , ,

この記事は Qt Blog の “Qt Creator 2.2 RC released” を翻訳したものです。 執筆: Eike Ziller 2011年4月19日 四週間前のベータ版のリリース以来、このリリースのためにソフトウェアに潜むバグの発見と修正に全力を尽くしてきました。ああ、春はついにやってきました。今週、ベルリンの気温は20度になりました 🙂 。ベータ版のリリースでは既に全機能を実装していました。ベータ版を試していない方は Qt Creator 2.2 ベータリリース の記事で概略がわかります。ベータ版のリリース以後に修正された(私の視点から)注目すべきバグは、Qt Creator の ABI 検出に関するいくつかのものです。しかし、重要度では勝るに劣らないバグが多数修正されています(たとえば、QML デバッガ、Qt Quick デザイナ、Maemo サポート、等々)。 Qt SDK 1.1 RC (Qt 開発のオールインワンパッケージ) を使用されている方々は、いつ Qt Creator 2.2 が SDK に含まれるのかを知りたいことでしょう。Qt SDK 1.1 は Qt Creator 2.1 でリリースされますが、SDK と Qt Creator 2.2 のリリース後まもなく、Qt […]

Read More

QML パフォーマンスモニタ

Published Monday April 11th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt Creator, リサーチプロジェクト | Tags: ,

この記事は Qt Blog の “Qml Perfomance Monitor” を翻訳したものです。 執筆: Christiaan Janssen 2011年4月7日 Qt Creator 2.2 がリリース予定となったので、新しいブランチで新しい実験的な機能の実装をはじめました。その最新のものが QML パフォーマンスモニタです。 新しい解析モードの一部であるこの小さなツールは、Qt Quick アプリケーションをプロファイルするためのものです。QML のコードを実行したときのプロパティバインディングやシグナル、描画処理をこのツールで検査できます。潜在的なボトルネック、特にバインディングの評価によるものを特定するには非常に有用なツールです。以下の短いビデオでその特徴を紹介します。 このビデオでは、Qt の samegame デモを Qt Creator のウィザードでインポートして作成した Qt Quick アプリケーションに対して QML パフォーマンスモニタを動かしています。 (訳注: Qt Creator に新しく追加される Analyze Mode で QML パフォーマンスモニタを動かして Qt Quick アプリケーションのパフォーマンスを解析する様子をデモしています。CPU の使用状況などの概要や、描画や要素の作成などの詳細がタイムラインで表示されています。まだ開発中の機能のため、詳細はリリースが近づいてからお知らせする予定です。) Brisbane の Troll 達が始めた小さなプロジェクトからこのツールは生まれました。まだこれは初期段階の実験的な機能であることに注意してください。多くの機能が未実装ですし、安定すらしていないかもしれません。このような場合の常套句ですが、各自の責任でお試しください。 デバイス上でもプロファイルが可能なことをお伝えしたいと思います。Qt Quick アプリケーションの起動時の引数に “-qmljsdebugger=port:33456” […]

Read More
Get started today with Qt Download now