Qt Creator

QML パフォーマンスモニタ

Published Monday April 11th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt Creator, リサーチプロジェクト | Tags: ,

この記事は Qt Blog の “Qml Perfomance Monitor” を翻訳したものです。 執筆: Christiaan Janssen 2011年4月7日 Qt Creator 2.2 がリリース予定となったので、新しいブランチで新しい実験的な機能の実装をはじめました。その最新のものが QML パフォーマンスモニタです。 新しい解析モードの一部であるこの小さなツールは、Qt Quick アプリケーションをプロファイルするためのものです。QML のコードを実行したときのプロパティバインディングやシグナル、描画処理をこのツールで検査できます。潜在的なボトルネック、特にバインディングの評価によるものを特定するには非常に有用なツールです。以下の短いビデオでその特徴を紹介します。 このビデオでは、Qt の samegame デモを Qt Creator のウィザードでインポートして作成した Qt Quick アプリケーションに対して QML パフォーマンスモニタを動かしています。 (訳注: Qt Creator に新しく追加される Analyze Mode で QML パフォーマンスモニタを動かして Qt Quick アプリケーションのパフォーマンスを解析する様子をデモしています。CPU の使用状況などの概要や、描画や要素の作成などの詳細がタイムラインで表示されています。まだ開発中の機能のため、詳細はリリースが近づいてからお知らせする予定です。) Brisbane の Troll 達が始めた小さなプロジェクトからこのツールは生まれました。まだこれは初期段階の実験的な機能であることに注意してください。多くの機能が未実装ですし、安定すらしていないかもしれません。このような場合の常套句ですが、各自の責任でお試しください。 デバイス上でもプロファイルが可能なことをお伝えしたいと思います。Qt Quick アプリケーションの起動時の引数に “-qmljsdebugger=port:33456” […]

Read More

Qt Quick 入門 第9回: Qt Quick デザイナの使い方

Published Thursday March 31st, 2011 | 2 Comments on Qt Quick 入門 第9回: Qt Quick デザイナの使い方
Posted in Qt Quick 入門 | Tags: , ,

Qt Creator 2.1がリリース されました。これまでもこの連載ではベータ版やリリース候補版を使ってきましたが、今回はいよいよ正式リリースとなった Qt Quick デザイナの使い方を説明します。 Qt Creator 2.1 の変更点 その前に、Qt Creator の 2.0 から 2.1 の変更点でこれまでの連載と関係する点を挙げておきます。 「QML アプリケーション」プロジェクトから「Qt Quick UI」プロジェクトへ名前を変更 「Qt Quick UI」プロジェクトのテンプレートとなる QML ファイルの内容の変更 C++ と QML を連携させて動作させるアプリケーションのテンプレートとなる「Qt Quick アプリケーション」プロジェクトが追加 QML ビューアのパスの指定は無くなり、プロジェクトで使用する Qt に含まれる QML ビューアを実行(このため、別途 Qt 自体のインストールが必須) このあたりでしょうか。これらの変更はリリース候補版の時点で行われていたので、気が付いていた方もいらっしゃるかと思います。これらはどれも複雑な変更ではありませんので、すぐになれると思います。より詳細な変更点に関しては リリースの記事 等を参考にしてください。 画面構成 それでは Qt Quick デザイナの画面構成から説明します。今回の説明は上記の変更点に含まれている新しいテンプレートの「Qt Quick UI」プロジェクトを使って行いますので、新しく「Qt Quick UI」プロジェクトを作成してください。作成された QML ファイルのコードは下記のものになっていると思います。 […]

Read More

Qt Quick 入門 第9回: Qt Quick デザイナの使い方

Published Thursday March 31st, 2011 | 2 Comments on Qt Quick 入門 第9回: Qt Quick デザイナの使い方
Posted in Qt Quick 入門 | Tags: , ,

Qt Creator 2.1がリリース されました。これまでもこの連載ではベータ版やリリース候補版を使ってきましたが、今回はいよいよ正式リリースとなった Qt Quick デザイナの使い方を説明します。 Qt Creator 2.1 の変更点 その前に、Qt Creator の 2.0 から 2.1 の変更点でこれまでの連載と関係する点を挙げておきます。 「QML アプリケーション」プロジェクトから「Qt Quick UI」プロジェクトへ名前を変更 「Qt Quick UI」プロジェクトのテンプレートとなる QML ファイルの内容の変更 C++ と QML を連携させて動作させるアプリケーションのテンプレートとなる「Qt Quick アプリケーション」プロジェクトが追加 QML ビューアのパスの指定は無くなり、プロジェクトで使用する Qt に含まれる QML ビューアを実行(このため、別途 Qt 自体のインストールが必須) このあたりでしょうか。これらの変更はリリース候補版の時点で行われていたので、気が付いていた方もいらっしゃるかと思います。これらはどれも複雑な変更ではありませんので、すぐになれると思います。より詳細な変更点に関しては リリースの記事 等を参考にしてください。 画面構成 それでは Qt Quick デザイナの画面構成から説明します。今回の説明は上記の変更点に含まれている新しいテンプレートの「Qt Quick UI」プロジェクトを使って行いますので、新しく「Qt Quick UI」プロジェクトを作成してください。作成された QML ファイルのコードは下記のものになっていると思います。 […]

Read More

Qt Creator 2.2 ベータリリース

Published Friday March 25th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt Creator, ニュース | Tags: , ,

この記事は Qt Blog の ”Qt Creator 2.2 beta release” を翻訳したものです。 執筆: Eike Ziller 2011年3月24日 Qt SDK 用に Qt Creator 2.1.0 を安定化させている間でも、次のバージョンに向けて新機能の開発とバグ修正を懸命に行ってきました。全機能を実装した Qt Creator 2.2 のベータリリースを本日行えることを誇りに思います。とはいえ、このリリースの喜びは愛すべきホッキョクグマである クヌート の死によってくすんでしまいました。彼の思い出にあやかって、このリリースには “Knut Creator” のコードネームが付けられました。 Qt Creator には便利な新機能が追加され、多数の修正と改良が行われました。貢献者の皆さん、特に Bazaar バージョン管理システムのサポートを実装した Hugues Delorme とテキストエディタにマクロ機能を実装した Nicolas Arnaud-Cormos に感謝します。

Read More

Qt をはじめよう! 第16回: GUI デザイナでスロットを作成しよう

Published Wednesday March 23rd, 2011 | 7 Comments on Qt をはじめよう! 第16回: GUI デザイナでスロットを作成しよう
Posted in Qt をはじめよう! | Tags: ,

前回 は GUI デザイナ上でのシグナル/スロットの接続機能について学びました。 今回は GUI デザイナのシグナル/スロット関連機能のもう一歩進んだ使い方を学びましょう。 独自シグナル/スロットの接続 前回は既存のウィジェットで定義済みのシグナル/スロットを接続しましたが、自分で追加したシグナル/スロットの接続も可能です。これを試すための準備として、プロジェクトの作成時に生成される QWidget のサブクラス Widget にシグナルとスロットを1つずつ追加しましょう。 widget.h public slots: void setText(const QString &text); signals: void textLengthChanged(int textLength); widget.cpp void Widget::setText(const QString &text) { emit textLengthChanged(text.length()); } この記事の最後に全てのソースコードを掲載しており、上記の行番号はそこに対応しています。 文字列を設定するスロット(setText())を作成し、その中では設定された文字列の長さが変わった事を通知するシグナル(textLengthChanged())を発生させています。簡略化のため、設定された文字列を内部で保持したり、現状の文字列と新しい文字列の長さが本当に違うかどうかの判断などはここでは省略しています。 それではフォームを編集し、このシグナル/スロットを他のウィジェットと接続してみましょう。 今回はテキストを入力するための LineEdit とそこに入力された文字列の長さを表示するための Label を以下のように配置します。 次に、シグナル/スロットを接続します。まずはじめに LineEdit の textChanged シグナルを Widget クラスに追加した setText スロットに接続します。シグナルを発生させるウィジェット(LineEdit)からそれを受け取るウィジェット(フォーム自体)にマウスをドロップすると、シグナル/スロットの一覧のダイアログが表示されます。 Widget に作成したスロットはこの一覧には表示されていません。これは、デザイナがこのフォームを QWidget クラスとして扱っているためです。自分で作成したスロットを接続する場合はそのスロットの定義を手動で追加する必要があります。

Read More

Qt をはじめよう! 第16回: GUI デザイナでスロットを作成しよう

Published Wednesday March 23rd, 2011 | 7 Comments on Qt をはじめよう! 第16回: GUI デザイナでスロットを作成しよう
Posted in Qt をはじめよう! | Tags: ,

前回 は GUI デザイナ上でのシグナル/スロットの接続機能について学びました。 今回は GUI デザイナのシグナル/スロット関連機能のもう一歩進んだ使い方を学びましょう。 独自シグナル/スロットの接続 前回は既存のウィジェットで定義済みのシグナル/スロットを接続しましたが、自分で追加したシグナル/スロットの接続も可能です。これを試すための準備として、プロジェクトの作成時に生成される QWidget のサブクラス Widget にシグナルとスロットを1つずつ追加しましょう。 widget.h public slots: void setText(const QString &text); signals: void textLengthChanged(int textLength); widget.cpp void Widget::setText(const QString &text) { emit textLengthChanged(text.length()); } この記事の最後に全てのソースコードを掲載しており、上記の行番号はそこに対応しています。 文字列を設定するスロット(setText())を作成し、その中では設定された文字列の長さが変わった事を通知するシグナル(textLengthChanged())を発生させています。簡略化のため、設定された文字列を内部で保持したり、現状の文字列と新しい文字列の長さが本当に違うかどうかの判断などはここでは省略しています。 それではフォームを編集し、このシグナル/スロットを他のウィジェットと接続してみましょう。 今回はテキストを入力するための LineEdit とそこに入力された文字列の長さを表示するための Label を以下のように配置します。 次に、シグナル/スロットを接続します。まずはじめに LineEdit の textChanged シグナルを Widget クラスに追加した setText スロットに接続します。シグナルを発生させるウィジェット(LineEdit)からそれを受け取るウィジェット(フォーム自体)にマウスをドロップすると、シグナル/スロットの一覧のダイアログが表示されます。 Widget に作成したスロットはこの一覧には表示されていません。これは、デザイナがこのフォームを QWidget クラスとして扱っているためです。自分で作成したスロットを接続する場合はそのスロットの定義を手動で追加する必要があります。

Read More

Qt Creator 2.1.0 リリース

Published Wednesday March 2nd, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt Creator, ニュース | Tags: ,

3月1日、Qt SDK 1.1 ベータ版 や Qt 4.7.2 と同時に、Qt Creator 2.1.0 をリリースしました。 2.1.0 リリース候補版から、モバイルアプリケーションプロジェクトのウィザードや配布に関連したファイル、ドキュメントのアップデート等を含む、いくつかの重要な修正を行いました。Qt SDK 1.1 ベータ版と共に、Qt Creator 2.1.0 では素晴らしい経験をもたらせる準備ができたことを確信しています。 Qt Creator 2.1.0 の全体的な課題は Qt Quick とモバイルアプリケーションのサポートの強化でした。そして、もちろんそれ以外の全ての分野でも多数の改善を行いました。これまでのプレリリース版の詳細を追っていない方のために、ここで再びこのリリースの新機能をいくつか抜粋しましょう(順不同、関連性も未考慮で不完全ですが)。 セマンティック C++ ハイライト: 型(以前のような “Q…” マジックキーワードではなく)、ローカル変数、メンバ、仮想関数のハイライト Kate のハイライト定義仕様 に基づいた様々な形式のファイルの ハイライト処理 Denis Mingulov の貢献による C++ クラスビューアと画像ビューア C++ と QML のアウトライン表示 C++ シンボルのパターンマッチによる検索(拡張検索ダイアログ) pro ファイルにライブラリを追加するためのウィザード。全ての必要なインクルードパスと静的ライブラリにも対応しています 全てのプラットフォームにおけるデバッガの様々な改良 より高速なコードモデルと新しいインデントエンジンによる QML コードエディタの改良 QML コード中のシンボル追跡の改良と利用箇所の検索 […]

Read More

Qt アプリケーションを Android に – クイックスタートビデオ

Published Wednesday March 2nd, 2011 | 2 Comments on Qt アプリケーションを Android に – クイックスタートビデオ
Posted in Qt | Tags: , ,

この記事は Qt Blog の “Bringing Qt applications to Android – a quickstart video” を翻訳したものです。 執筆: aportale 2011年2月28日 すでにご存知の方が多いとは思いますが、念のため。Necessitas (Qt for Android) のアルファ版が 先週リリース されました。このリリースにより Android 向けの Qt アプリケーションの作成、ビルド、デバッグ、配布がとても簡単になりました。この素晴らしい成果の全ては Necessitas の作者 BogDan Vatra 氏によるものです。 BogDan 氏は Qt を移植しただけではなく、Qt Creator の Android 対応やオールインワン Necessitas インストーラー の開発も行いました。それらに加え、 BogDan 氏は Ministro という名前の、エンドユーザーの端末上に Qt のライブラリをダウンロードし、アプリケーションを簡単に実行するための配布サービスも実装しました。 彼は Qt、Android、FOSS に対する情熱に突き動かされ、自分の時間を費やしこれらのすべてを行いました。また、彼は Nokia にも Google にも勤務していません。このプロジェクトは完全にコミュニティによるものです。 […]

Read More

Qt アプリケーションを Android に – クイックスタートビデオ

Published Wednesday March 2nd, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: , ,

この記事は Qt Blog の “Bringing Qt applications to Android – a quickstart video” を翻訳したものです。 執筆: aportale 2011年2月28日 すでにご存知の方が多いとは思いますが、念のため。Necessitas (Qt for Android) のアルファ版が 先週リリース されました。このリリースにより Android 向けの Qt アプリケーションの作成、ビルド、デバッグ、配布がとても簡単になりました。この素晴らしい成果の全ては Necessitas の作者 BogDan Vatra 氏によるものです。 BogDan 氏は Qt を移植しただけではなく、Qt Creator の Android 対応やオールインワン Necessitas インストーラー の開発も行いました。それらに加え、 BogDan 氏は Ministro という名前の、エンドユーザーの端末上に Qt のライブラリをダウンロードし、アプリケーションを簡単に実行するための配布サービスも実装しました。 彼は Qt、Android、FOSS に対する情熱に突き動かされ、自分の時間を費やしこれらのすべてを行いました。また、彼は Nokia にも Google にも勤務していません。このプロジェクトは完全にコミュニティによるものです。 […]

Read More

Qt をはじめよう! 第15回: GUI デザイナでシグナル/スロットを接続しよう

Published Sunday February 27th, 2011 | Leave a comment
Posted in Qt Creator, Qt をはじめよう! | Tags: , ,

前回 に引き続き今回も GUI デザイナの使い方を説明します。 GUI デザイナではフォーム上のウィジェット間のシグナル/スロットを接続することが可能です。 今回はこの機能を試してみましょう。 シグナル/スロットの接続(1) まず始めに、以下のように LineEdit と PushButton をフォーム上に配置してください。 何か情報を入力して「OK」を押した場合に閉じるようなアプリケーションを想定しています。このため、今回は使用しませんが Label も配置してあります。また、各ウィジェットの文字列の変更やレイアウトはここでは省略してあります。 ここで、ツールバーにある「シグナル/スロットの編集」ボタンをクリックし、シグナル/スロットの編集モードに切り替えましょう。「F4」キーでも同様の操作になります。 それではシグナル/スロットを接続してみましょう。

Read More
Get started today with Qt Download now