The blog is moving to a new host on Monday 2nd of September. The comments are disabled during the migration.

Qt Quick

import QtQuick 1.1

Published Wednesday March 9th, 2011 | Comments Off on import QtQuick 1.1
Posted in Qt Quick | Tags:

この記事は Qt Blog の “import QtQtuick 1.1” を翻訳したものです。 執筆: aalpert 2011年2月25日 QML の動向を追ってらっしゃる方々はご存知だと思いますが、Qt 4.7.1 では Qt Quick のマイナーバージョンの変更を可能にするために、QML で import する Qt Quick のモジュールを “QtQuick 1.0” に変更しました。Qt Quick のマイナーバージョンアップの準備もほとんど整い、Qt の 4.7 ブランチで次のリリース(4.7.3)を待つばかりとなっています。QtQuick 1.1 に向けて [qt ‘いくつもの新機能’ l=qtquick-whatsnew v=4.7-snapshot] を実装しましたが、その中の一つであるバージョン管理機能の改善に特に焦点を合わせて紹介したいと思います。 昨年、私の wordgame モジュールを例に QML のバージョン管理システムに関する記事の公開をするつもりであることを言及しました。その記事の作成中に、バージョン管理システムにいくつかの機能が欠けていることに気がつきました。それらの機能は Qt Quick 1.1 で実装され、バージョン管理システム全体をより良い機能にすることが出来ました。その内容についてお話しさせてください。 QML モジュールでは C++ で現状可能な方法よりも良いアップグレードパスを実現することを目指しました。アプリケーションの動作が壊れたり、モジュールの作者に些細な変更の制限をすることのないように奮闘しました。その核となる手段はモジュールをバージョン番号を指定してインポートすることです。それが、’QtQuck’ モジュールをインポートする際にはモジュール名だけではなく、’QtQuick 1.1’とバージョン番号を付けなくてはいけない理由です。特定のバージョンを指定することによって、そのバージョンに限定した機能だけを利用することを可能にしました。そのモジュールが改良されて、新しい機能を持つバージョンであったとしてもです。この方法は、qmlRegisterType() の引数で指定するバージョン番号がまず必要です。ある型を導入する時、そのマイナーバージョンとメジャーバージョンを指定しなくてはなりません。アプリケーションがそのネームスペースに型を追加するには、最低でもその型を含むバージョンを指定してインポートしなくてはなりません。これによって、モジュールにシンボルの衝突を気にすることなく型を追加することが出来ます。

Read More

Qt Quick 1.0 と今後について(別名: リンクだらけの記事)

Published Tuesday March 8th, 2011 | Comments Off on Qt Quick 1.0 と今後について(別名: リンクだらけの記事)
Posted in Qt Quick | Tags:

この記事は Qt Blog の “Qt Quick 1.0 and beyond (or, the post of many links)” を翻訳したものです。 執筆: Henrik Hartz 2011年3月1日 Qt Quick 1.0 が始まりました!Qt Quick を最近知った方を対象にこれまでのまとめをしたいと思います。この記事には、 Qt コミュニティ[1][2][3]のアクティブなメンバーにとっては、「この道がどこに続くかがより明確になること」以外には目新しい内容はほとんどないでしょう。 Qt Quick は以下の3つの技術のコレクションです QtDeclarative – Qt Quick のランタイム及びネイティブとの連携機能を提供する Qt に含まれるネイティブライブラリ QML – UI や UX を宣言的に記述する Qt メタオブジェクト言語(Qt MetaObject Language の頭文字です) Qt Creator – QML プロジェクトやコーディングのサポート Qt Quick […]

Read More

Qt Quick 入門 第7回: レイアウト

Published Thursday January 6th, 2011 | Comments Off on Qt Quick 入門 第7回: レイアウト
Posted in Qt Quick 入門 | Tags: ,

前回までの「Qt Quick 入門」で簡単な UI を Qt Quick で作成してアニメーションを設定する方法までを説明しました。やや駆け足で進めてきましたが、UI 作成の流れを理解していただけたでしょうか。今回からは、これまでの記事では説明を省略していた箇所や、説明に出てこなかった Qt Quick の詳細を学んでいただこうと思います。まずは QML における各要素のレイアウト方法を説明します。 QMLのレイアウト QML でレイアウトを行う際には大きく3つの方法があります。 各要素の座標やサイズを指定する アンカーレイアウトを使用する レイアウト要素を使用する 実際に UI を作成する際には、それぞれの方法を組み合わせて使用することになると思います。それぞれについて、下記で説明します。

Read More

Qt Quick 入門 第6回: アニメーション

Published Monday December 13th, 2010 | 3 Comments on Qt Quick 入門 第6回: アニメーション
Posted in Qt Quick 入門 | Tags:

前回の Qt Quick 入門「第5回: 状態遷移」では状態遷移を利用して画像の位置を変更しました。今回はその画像の移動にアニメーションを追加します。 アニメーション要素 QML でアニメーションを使うには [qml Animation] を継承している要素を用います。たとえば、画像などを移動する場合には数値を変化させてアニメーションを行う [qml NumberAnimation] を用います。代表的なアニメーション要素を以下に示します。 [qml PropertyAnimation] — プロパティの値を変更する汎用的なアニメーション [qml NumberAnimation] — 数値を変更するアニメーション [qml ColorAnimation] — 色を変化させるアニメーション [qml SequentialAnimation] — 複数のアニメーションを連続して実行する [qml ParallelAnimation] — 複数のアニメーションを平行して実行する [qml PauseAnimation] — 静止状態のアニメーション [qml ” x e=item] や [qml ” y e=item] プロパティを用いてある要素の位置を変化させる場合、アニメーションには通常 PropertyAnimation か NumberAnimation を使います。PropertyAnimation は汎用的なアニメーションのため、座標のような数値だけでなく、色なども変化させることが出来ます。それに対して NumberAnimation は数値の変化に特化したアニメーションです。基本的にはどちらを使っていただいてもかまいませんが、パフォーマンスを考慮する場合には […]

Read More

Qt Quick 入門 第5回: 状態遷移

Published Wednesday October 27th, 2010 | 1 Comment on Qt Quick 入門 第5回: 状態遷移
Posted in Qt Quick 入門 | Tags:

少し前ですが、Qt Creator 2.1 のベータ版がリリースされました。これから、RC を経て正式リリースされるわけですが、Qt Quick の環境がそろうまであと少しとなりました。これが Qt Quick の正式な始まりとなるわけです。今後の発展が楽しみなところです。 さて、前回の「Qt Quick 入門: 第4回 画像やマウスを使おう」では QML の基本的な要素である [qml Image] と [qml MouseArea] を使ってみました。今回の「Qt Quick 入門」では QML で動きのある UI を作成するのに便利な状態遷移を扱います。状態遷移を使うと、状態に応じて処理を行ったり、UI の部品を変更したりすることが簡単に出来るようになります。 今回は、前回作成した qml-example をベースに進めていきます。前回は「Click」ボタンをクリックするとログを出力しましたが、今回はクリック時の動作を変更して、Qt のロゴ画像を動かしてみましょう。 Qt Creator を立ち上げたら前回作成した qml-example プロジェクトをオープンして、qml-example.qml を読み込んでください。

Read More

Qt Quick 入門 第5回: 状態遷移

Published Wednesday October 27th, 2010 | Comments Off on Qt Quick 入門 第5回: 状態遷移
Posted in Qt Quick 入門 | Tags:

少し前ですが、Qt Creator 2.1 のベータ版がリリースされました。これから、RC を経て正式リリースされるわけですが、Qt Quick の環境がそろうまであと少しとなりました。これが Qt Quick の正式な始まりとなるわけです。今後の発展が楽しみなところです。 さて、前回の「Qt Quick 入門: 第4回 画像やマウスを使おう」では QML の基本的な要素である [qml Image] と [qml MouseArea] を使ってみました。今回の「Qt Quick 入門」では QML で動きのある UI を作成するのに便利な状態遷移を扱います。状態遷移を使うと、状態に応じて処理を行ったり、UI の部品を変更したりすることが簡単に出来るようになります。 今回は、前回作成した qml-example をベースに進めていきます。前回は「Click」ボタンをクリックするとログを出力しましたが、今回はクリック時の動作を変更して、Qt のロゴ画像を動かしてみましょう。 Qt Creator を立ち上げたら前回作成した qml-example プロジェクトをオープンして、qml-example.qml を読み込んでください。

Read More

Qt Quick 入門 第5回: 状態遷移

Published Wednesday October 27th, 2010 | Comments Off on Qt Quick 入門 第5回: 状態遷移
Posted in Qt Quick 入門 | Tags:

少し前ですが、Qt Creator 2.1 のベータ版がリリースされました。これから、RC を経て正式リリースされるわけですが、Qt Quick の環境がそろうまであと少しとなりました。これが Qt Quick の正式な始まりとなるわけです。今後の発展が楽しみなところです。 さて、前回の「Qt Quick 入門: 第4回 画像やマウスを使おう」では QML の基本的な要素である [qml Image] と [qml MouseArea] を使ってみました。今回の「Qt Quick 入門」では QML で動きのある UI を作成するのに便利な状態遷移を扱います。状態遷移を使うと、状態に応じて処理を行ったり、UI の部品を変更したりすることが簡単に出来るようになります。 今回は、前回作成した qml-example をベースに進めていきます。前回は「Click」ボタンをクリックするとログを出力しましたが、今回はクリック時の動作を変更して、Qt のロゴ画像を動かしてみましょう。 Qt Creator を立ち上げたら前回作成した qml-example プロジェクトをオープンして、qml-example.qml を読み込んでください。

Read More

Qt Quick 入門 第4回: 画像やマウスを使おう

Published Tuesday September 28th, 2010 | 4 Comments on Qt Quick 入門 第4回: 画像やマウスを使おう
Posted in Qt Quick 入門 | Tags:

はじめに Qt 4.7 がリリースされました。これまでは(仕様はほぼ固まっていたとはいえ)正式リリース前の QML を使っていたため、環境のセットアップなどが不便でしたが、正式リリースされたことで今後は以前よりも楽に QML を使うことができます。 さて、前回の冒頭で Qt Creator 2.0.1 を使用すると述べましたが、Qt Creator 2.0.1 には QMLViewer が含まれていないことを確認していませんでした。このため、Qt Creator 2.0.1 のみがインストールされている環境では QML アプリケーションの実行ができません。QMLViewer も含まれる Qt 4.7 もしくは Qt SDK 2010.5 を ダウンロード のページから入手してインストールをお願いします。 前回は QML で書かれた「Hello World」を例にして、QML の基礎を学んでいただきました。[qml Rectangle] や [qml Text] といった要素が使われていましたが、今回は QML を編集し、それ以外の要素を使ってみようと思います。 QML の描画要素 QML の要素は “[qt “QML Elements” l=qdeclarativeelements]” に一覧がありますが、その中から Qt […]

Read More

Qt Quick 入門 第4回: 画像やマウスを使おう

Published Tuesday September 28th, 2010 | 4 Comments on Qt Quick 入門 第4回: 画像やマウスを使おう
Posted in Qt Quick 入門 | Tags:

はじめに Qt 4.7 がリリースされました。これまでは(仕様はほぼ固まっていたとはいえ)正式リリース前の QML を使っていたため、環境のセットアップなどが不便でしたが、正式リリースされたことで今後は以前よりも楽に QML を使うことができます。 さて、前回の冒頭で Qt Creator 2.0.1 を使用すると述べましたが、Qt Creator 2.0.1 には QMLViewer が含まれていないことを確認していませんでした。このため、Qt Creator 2.0.1 のみがインストールされている環境では QML アプリケーションの実行ができません。QMLViewer も含まれる Qt 4.7 もしくは Qt SDK 2010.5 を ダウンロード のページから入手してインストールをお願いします。 前回は QML で書かれた「Hello World」を例にして、QML の基礎を学んでいただきました。[qml Rectangle] や [qml Text] といった要素が使われていましたが、今回は QML を編集し、それ以外の要素を使ってみようと思います。 QML の描画要素 QML の要素は “[qt “QML Elements” l=qdeclarativeelements]” に一覧がありますが、その中から Qt […]

Read More

Qt Quick 入門 第4回: 画像やマウスを使おう

Published Tuesday September 28th, 2010 | Comments Off on Qt Quick 入門 第4回: 画像やマウスを使おう
Posted in Qt Quick 入門 | Tags:

はじめに Qt 4.7 がリリースされました。これまでは(仕様はほぼ固まっていたとはいえ)正式リリース前の QML を使っていたため、環境のセットアップなどが不便でしたが、正式リリースされたことで今後は以前よりも楽に QML を使うことができます。 さて、前回の冒頭で Qt Creator 2.0.1 を使用すると述べましたが、Qt Creator 2.0.1 には QMLViewer が含まれていないことを確認していませんでした。このため、Qt Creator 2.0.1 のみがインストールされている環境では QML アプリケーションの実行ができません。QMLViewer も含まれる Qt 4.7 もしくは Qt SDK 2010.5 を ダウンロード のページから入手してインストールをお願いします。 前回は QML で書かれた「Hello World」を例にして、QML の基礎を学んでいただきました。[qml Rectangle] や [qml Text] といった要素が使われていましたが、今回は QML を編集し、それ以外の要素を使ってみようと思います。 QML の描画要素 QML の要素は “[qt “QML Elements” l=qdeclarativeelements]” に一覧がありますが、その中から Qt […]

Read More
Get started today with Qt Download now