RTEMS

マイクロコントローラー(MCU)で Qt

Published Monday September 3rd, 2018 | Leave a comment
Posted in Qt | Tags: , , , ,

この記事は The Qt Blog の Qt on Microcontrollers (MCU) を翻訳したものです。 執筆: Mikhail Svetkin, 2018年05月03日 Qt をマイクロコントーラー(MCU)でのソフトウェア開発に使うことができないか、オペレーティングシステムなしに(“bare metail”) Qt を動かすことができないかという声をよく耳にします。本日は、いくつかの動作デモをお見せしながらこれらの質問に回答したいと思います。 なぜマイクロコントローラーなのか? MCU とは単一の集積回路で動作する小さなコンピューターです。性能は劣りますが、システムオンチップ(SoC) とよく似ています。マイクロコントローラーは、車のエンジン制御や埋め込み型の医療機器、ウェアブル、リモコン、OA機器、家電、工具類、おもちゃやその他の組み込みシステムのような自動制御機器でよく利用されています。MCU を採用する利点はサイズの小ささと特にボリュームの大きい製品ではコストがとても低いことです。 MCU はその定義が示すように、サイズが小さく、消費電力が低く、単価が安いという特徴があります。というわけで、MCU を採用する一番の理由は、コストの削減ということが言えるでしょう。 なぜ Qt を MCU で使いたいの? スペックの低さはソフトウェア開発の選択肢に制限をもたらします。GUI が伴う場合はそれが顕著で、ファームウェアのサイズやランタイムのメモリ消費量、GUI の美しさなどの問題が起こりえます。 MCU 向けの GUI の解は現在はありません。もちろん、特定の MCU 向けの特定の問題に対するソリューションはいくつかありますが、まだまだ不十分です。また、そういうライブラリが「クロスプラットフォーム的に」なっている事は稀(現実にはない)です。 いくつかの有料のツールキットは良くできていますが、ほとんどがソースコードが公開されていません。つまり、みなさんは「ブラックボックス」を購入することで、ベンダーロックのリスクを抱えます。 ここで、Qt が使えたらどれほど素晴らしいか想像してみましょう。クロスプラットフォームの(GUI を含む)豊富なクラスライブラリで、素晴らしいドキュメントやサンプルも揃っていて、素晴らしいオープンソースのコミュニティも存在します。 残念ながら現時点では前述のハードウェアの制限により、組み込みでの Qt(Qt for Device Creation) が 公式に対応しているもの は Cortex-A 相当で、Linux […]

Read More
Get started today with Qt Download now